機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛|MOVIE WALKER PRESS
MENU

機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛

2006年3月4日公開,99分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

人気アニメの映画化、3部作の最終章。主人公・カミーユの悲劇で終了したテレビ版とは異なり、“明日への希望”を描いた新たなエンディングに注目。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

3つの勢力による戦乱の中、同じ勢力内での権力闘争、過去の確執による憎しみなど、多くの思惑がからみあう。そんな中、Zガンダムのパイロット、カミーユは最終決戦へと突き進んでいく。

作品データ

製作年
2006年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
99分

[c]創通エージェンシー・サンライズ [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    あす

    3.0
    2006/10/28

    Ⅱの時にある程度話の流れが変わってきていたので
    どんな展開になるんやろうと思って結構楽しみにしてたんだけど
    「ん~…、やっぱこんなエンディングだったのね。」ってのが率直な感想。
    衝撃なラストって触れ込みだったけど、全然衝撃も感動もなかったなぁ。。。

    TV版のエンディングを知ってる俺からすると
    どうしてもしっくりこないし、あの終わり方は納得が出来ない。
    フォウは結局キリマンジャロで死ぬのも、クワトロのダカールでの演説もカット。
    これって重要なシーンだと思うのに。。。
    一方でハマーンがより悪人ぶりだけ増していた気がする(苦笑)
    ただカツのダメダメっぷりは全然修正されてなかったし、
    サラの声優がⅡの池脇千鶴から変更にされてたのには少し安心。
    (※あんなん声優じゃねーって位、ありえなかったからな。)

    てな感じで改めて、TV版の最終回を見直しちゃいました。
    ハッピーエンドで終わるのはZではない。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告