サイレンサー 破壊部隊|MOVIE WALKER PRESS
MENU

サイレンサー 破壊部隊

1969年4月8日公開,105分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ドナルド・ハミルトンのスパイ小説を、「宝石を狙え ゴールデン・ブル作戦」のウィリアム・P・マッギヴァーンが脚色、「サイレンサー 沈黙部隊」のフィル・カールソンが監督したシリーズの4作目。撮影は「招かれざる客」のサム・リーヴィット、音楽は「サイレンサー・待伏部隊」のヒューゴー・モンテネグロが担当している。出演はおなじみのディーン・マーティン、「ラスベガス強奪作戦」のエルケ・ソマー、「哀愁の花びら」のシャロン・テイト、ほかに「大爆発」のナンシー・クワン、「踊れサーフィン」のティナ・ルイスなど。製作はアーヴィング・アレン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

デンマークで列車がおそわれ、50億ドルの金塊が奪われるという事件が起こった。通知をうけたICEのチーフ、マクドナルドは、カメラ片手に女の子にヤニ下がっている、マット(ディーン・マーティン)の尻をたたき、コペンハーゲンに発たせた。ホテルでマットは旅行案内係と称する女、フレヤ(シャロン・テイト)を知った。マットは彼女とともに強盗の頭目と目されるコンチーニ伯爵の邸を訪れたが捕まえられた。特製の毒ガス・カメラで逃げ出したが、次にはユー・ランという女とその一味に襲われ、命からがら逃げ出した。ユー・ランそして伯爵の女リンカ(エルケ・ソマー)が次々とマットをお色気戦法でせめてきた。だが、その度にフレヤがわりこんできた。実は彼女は英国のスパイだった。やがてマットとマクドナルド、そしてフレヤはユー・ランの罠におち一味に監禁されてしまった。その間一味は壁にぬりこめておいた金塊を取り出し、脱出を計った。やっと罠からのがれたマットは組立て式のミニ・コプターを作り、フレヤとともに乗り込み、走る列車に空から襲撃をかけ、首領に迫り、コンチーニ伯爵と大格闘の末、金塊を取り返した。

作品データ

原題
Wrecking Crew
製作年
1968年
製作国
アメリカ
配給
コロムビア映画
上映時間
105分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?