間宮兄弟|MOVIE WALKER PRESS
MENU

間宮兄弟

2006年5月13日公開,119分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

個性派俳優・佐々木蔵之介と人気お笑いコンビ、ドランクドラゴンの塚地武雅主演で、江國香織の同名小説を映画化。仲良し兄弟と彼らの周囲の人々の日常をハートフルに描く。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

三十路を過ぎても共同生活を送る明信と徹信は、休日も一緒に過ごす仲良し兄弟。ある日、2人は徹信の同僚の女性教師と、ビデオ屋の女性店員を招き、ホームパーティを開く。彼らのもてなしでパーティーは成功するのだが。

作品データ

原題
The Mamiya Brothers
製作年
2006年
製作国
日本
配給
アスミック・エース
上映時間
119分

[c]2006「間宮兄弟」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ミチさん

    5.0
    2009/7/18

    不思議な映画です。何って配役が。
    佐々木蔵之介『アフタースクール』、
    塚地武雅『キサラギ』、
    沢尻エリカ『手紙』『クローズド・ノート』、
    北川景子『真夏のオリオン』。
    つまり何を言いたいかと言うと、私が彼らを観る(知る)前に既にこの映画で共演していたのが不思議で、この映画は配役の妙で成り立っているということです。
    (常盤貴子に関しては、ごめんなさい。当代一流の女優であることは知っていますが、既に知っていたので省略します。しかし喫煙のシーンは観たくなかったな。)
    つまりブレイクする直前の姿がういういしくて、(特にエリカ姫は分からなかった。似てるなという程度で。)よくまあ集めたものです。
    佐々木蔵之介は一番年上で、ブレイクなんて失礼ですが、しかし、『群青 愛が沈んだ海の色』で見せたヒゲの親爺ぶりはなくて、つるつるしたお肌でした。どうしたのでしょうか。
    ともあれ、稀代の名優を集めた力量に★4つくらい上げたい。エリカ姫の何が良いかって、かわいい顔で結構辛らつなことを言って、面白い。またぜひぜひ復活して欲しい!
    北川景子は、この映画では発展途上だが、『真夏のオリオン』では戦時下の女性を描いて秀逸。とても同一人物とは思えない。
    塚地武雅は、太っていて何をしてもダメそうだけれど、これはこれで面白いキャラ。ぜひぜひ生かして欲しい。
    という訳で俳優たちのことをワーワー言っているだけで楽しい映画。今回の企画である、「スターライトシネマ」に感謝!!!

    違反報告