ギミー・ヘブン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ギミー・ヘブン

2006年1月14日公開,121分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

江口洋介、安藤政信ら人気若手俳優が集結した異色スリラー。2万5000人に1人の割合で存在するという、異質な感覚をもった男女の交流をせつなくつづる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

弟分の貴史と盗撮サイトを運営する新介が、麻里という美少女と出会う。新介と麻里は他人に理解されない“共感覚”を共有していた。やがて彼らの共同生活は、ネット上の怪人ピカソに脅かされるように。

作品データ

製作年
2004年
製作国
日本
配給
ユーロスペース/アートポート
上映時間
121分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2010/1/20

    江口洋介、安藤政信、宮崎あおい、小島聖、石田ゆり子、松田龍平、いやあ豪華な配役です。今リメイクするとしたら、どれだけお金がかかるやら。皆さんビッグになりました。
    江口洋介と宮崎あおいと言えば、『闇の子供たち』だけど、この作品のあおいちゃんはあまり良くなかった。
    むしろこちらの『ギミー・ヘブン』のあおいちゃんを評価するのは分かる気がする。
    私のあおい初体験は『ラブドガン』で、似たテイスト。寡黙な美少女という感じ。
    松田龍平は、この映画では発展途上。不気味だけど、それ以上は・・・。
    江口洋介は、悪くないと思う。そこそこ「らしさ」は出ていたと思い、買い。
    石田ゆり子も「警部」役で、なかなかセクシー。
    この映画、携帯は出て来るし、PCもネット社会も出て来て、2004年の作品。わずか6年前なのに皆さん、今と全く違う。特にあおいちゃん、開花したよね。

    違反報告