ナイト ミュージアム|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ナイト ミュージアム

2007年3月17日公開,108分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

博物館に展示された恐竜の骨格や剥製、人形たちが夜になると動き出す! VFXを駆使したファンタジックなドタバタ劇。主演は「ドッジボール」のコメディ俳優、ベン・スティラー。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

離婚し失業中のラリーは、元妻に引き取られた息子ニッキーの信頼を得るため、博物館の警備員の職に就く。ひとりで夜勤を任された彼が見たものは、歩く恐竜の骨格模型、騒ぐ原始人、生きている歴史上の人物たちだった。

作品データ

原題
Night at the Museum
製作年
2006年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス
上映時間
108分

[c]2006 TWENTIETH CENTURY FOX [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ★ハイジ★

    1.0
    2007/3/24

    4月から小学生の姪との初映画
    私はクリストファー・リーブの『スーパーマン』以来の吹替え版を劇場鑑賞(笑)

    姪にはメインストーリー(夢追い人で仕事が続かない駄目父が、息子の信頼を得るために新たに得た仕事に奮闘する)は難しかったようで途中かなり飽きてました(^^;)

    10歳位にならないと難しそうですが中学生には子どもっぽ過ぎるような...
    ターゲットは10~13歳ってトコロですか?

    子連れでもないのに吹替えを観る人がいたことに新鮮な驚きがありました(^▽^")

    個人的には”館長”?”博士”?がオリジナルでなんて言っていたのかが非常に気になってます(笑)

    違反報告
  • rikoriko2255

    かわうそ

    3.0
    2007/3/21

    細かい疑問点が多々ありますが、単純に「上手くトラブルを切り抜けてよかったね」と言う感じの映画でした。

    仕事が長続きしないラリーが「子供の為に博物館の仕事を頑張る」と言う真面目な理由で就職したにもかかわらず、夜な夜な動き出す博物館の展示物には手加減なしで暴れまわり、真面目に就職する気がない所もダメダメな感じで面白かったと思います。

    色々疑問がありますが、
    数十年間夜な夜な展示物が動き出す事を知らない館長。

    大暴れした後、わずか数時間で開館準備が出来てしまう所。

    防犯カメラゼロの博物館。

    ミニチュアのローマ人人形がウエスタンに移動してただけで直ぐにそれに気づく館長が、毎晩大暴れしていたであろう館内の状態にこれまで全く気づかなかった事。

    原始人を泡まみれにしてラリーを首にしようとした館長が、インディアンの女性の前のガラスを割り、原始人を一人灰にして、大ニュースを起したラリーを客が増えたからと首にしない点。

    エジプトの金の文字盤を盗み損ねた元警備員達があっさり改心した点。

    などなど突っ込みどころは満載なんですが、この映画は次々に起こる問題をラリー目線で乗り切っていく気で見ると単純に「よかったね」と楽しめる映画です。

    あと、魅せばのCGなどは全く違和感なしでいい出来です。
    元警備員の白髪のおじさんは裸のガンを持つ男のニールセン?っぽかったです。

    あまりファミリーは来てませんでしたが、ファミリー向けにはお勧め映画です。



    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告