ブラッド・ダイヤモンド|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ブラッド・ダイヤモンド

2007年4月7日公開,143分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • netflix

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

主人公たち三者三様の思惑が交錯する、衝撃かつ感動的なサスペンス。ディカプリオが、「ラスト サムライ」のズウィック監督のもと、影のあるダイヤの密売人を熱演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

内戦が続くアフリカ。漁師のソロモンは反政府軍に捕まり、ダイヤの採掘場で働かされる。彼が隠した大粒のピンク・ダイヤの噂を聞きつけた密売人アーチャーは、バーで出会った女性記者マディーと共にソロモンに接触する。

作品データ

原題
Blood Diamond
製作年
2006年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー
上映時間
143分

[c]2007 Warner Bros. Entertainment Inc. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.7
    2019/10/31

    現実の厳しさや悲惨さと、エンタメがうまく融合していた。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ted

    4.0
    2007/4/27

    もし、映画に“娯楽+α(プラスアルファ)”の使命があるとしたら・・・。

    間違いなくその使命を果たしているでしょう。

    そういう思いを抱かせる作品です。

    ただひとつ惜しむらくは
    ラストでディカプリオ演じるアーチャーが1人残って
    ジャイモン・フンスー演じるソロモンを行かせ、
    そしてジェニファー・コネリー演じるマディーに電話するシーンが
    カッコ良すぎに見えてしまい、
    映画を盛り上げる演出に観えてしまった事です。

    それまでの展開が、事実にインスパイア(触発)されて
    制作されているべく思われるだけに
    惜しまれます。

    が、エンドロール前のメッセージには涙しました・・・。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    かわうそ

    4.0
    2007/4/16

    人間の欲深さがよく分かる、非常に重いテーマの映画でした。

    石油・ゴールド・ダイヤ 高価に取引される資源は、それを巡って必ず争いが起こります。

    この映画は、ダイヤとは無縁のアフリカで、
    ダイヤが採れるというだけで、それを独占しようとする軍や国と
    「利権を外国や国から開放してやるんだ」という名目で貧しい農村、漁村を襲撃し、
    女子供はレイプして射殺、
    少年は拉致して自軍の少年兵に洗脳、
    使えそうな男は採掘所で強制労働、
    使えない男は見せしめで腕を切り落としたり、虐殺したりと
    人を虫以下の扱いでどんどん殺害、虐待していく開放組織との紛争映画で、

    善良な国民など関係なく、開放組織とダイヤの事しか頭にない軍との内戦の現実には衝撃を受けます。

    開放組織がいなければ、ダイヤが奪われる事自体は変わらなくても、無益な村の襲撃、難民増加は抑えられるのかも・・・と思いますが、
    欲に目がくらんだ人間を止める事は出来ないとも思いますので、映画の最後のメッセージ「ダイヤを買わない事」がこういう血のダイヤを撲滅する対抗手段なんだと思いました。

    楽しい娯楽映画もいいですが、リアルな映像でアフリカの現状問題の1つを目の当たりにしてみるのもいいと思います。

    ダイヤを買える収入がある人全てに、お勧め映画です。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ★ハイジ★

    4.0
    2007/4/9

    南アの内紛、いわゆる先進国と言われる国のもたらす金...。
    反政府組織(RUF)は政府軍に対抗しダイヤを資金源に武器を得るため
    住民を襲い採掘の労働力とし、また少年に銃を握らせる
    考えさせられる事の多い作品。。。

    レオ演じるアーチャーは元傭兵
    今はRUFに武器を提供し代金として得たダイヤモンドを密輸業者に流している

    ある時運搬中に国境警備隊に捉まりダイヤを没収されてしまう
    留置場の中で耳にした漁師のソロモンが採掘した大きなピンクダイヤの話..
    『それを手に入れればこの生活から脱却出来る!!!』

    ソロモンを利用し、またジャーナリストのマディーを利用し
    かつての上官や組織までも利用して何としてもダイヤを手に入れようとする


    『ラストキング・オブ・スコットランド』のフォレスト・ウィテカーも良かったけど
    レオ様のアーチャーもすごくいい!!*^-^*
    南アの白人のなまった感じ&アーチャーのふてぶてしさが現れた語尾の「ァハア!」
    色んな感情の変化を演じている点ではレオ様にこそオスカーあげたかった☆

    マディーに自分の過去をうちあけるシーン&電話をかけるシーンには涙涙。


    NEWS映像で観る少年兵は『理解できないもの』でしたが
    あんな風に作られてしまうのかと改めて恐ろしくなります。



    ソロモン役アフリカ出身のジャイモン・フンスーも
    ソロモンの息子ディア役の子役君も表情の変化などとてもよかったです♪

    また、大佐役に南アフリカ出身のアーノルド・ボスルーを起用したり
    密輸ダイヤを買い入れるシモンズ役に英国人俳優マイケル・シーンを配していて
    細かいところが嘘じゃないところも作品に真実味を与えているのかも?


    違反報告
  • rikoriko2255

    わたぼう

    4.0
    2007/4/4

    考えさせられることを。。
    ポンポン放ってくる映画です。

    ダイヤの輝きが。。
    こんな現状を生むのかということを見せつけてきます。
    戦闘…殺戮…洗脳
    生きているのは奇跡なんだと思うくらい、映画の中の命は短く終わってしまいます。
    現実の話も出てきます。
    重いけれど、目をそらせてはいけない映画だと思います。

    違反報告