主人公は僕だった|MOVIE WALKER PRESS
MENU

主人公は僕だった

2007年5月19日公開,112分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「プロデューサーズ」のウィル・フェレルが、姿の見えない声に人生を操られる男を演じたコメディ。「ネバーランド」など人間ドラマに定評のあるマーク・フォースター監督作。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

規則正しい毎日を送る国税庁職員のハロルドは、自分の行動を言い当てる女性の声を聞く。声の主は悲劇作家のカレン。彼女の声が自分の死を描こうとしていることを知った彼は、声が示す結末を変えようと悪戦苦闘する。

作品データ

原題
Stranger Than Fiction
製作年
2006年
製作国
アメリカ
配給
ソニー・ピクチャーズ
上映時間
112分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    tom

    3.0
    2008/10/18

    気持ちが温かくなるストーリーでした。
    途中ちょっとだれる感じになりましたが
    後半は目が離せなくなりますね。
    ウィル・フェレルが主役なんで
    バカバカしいコメディなのかな?って観てたんですが
    落ち着いた演技でびっくりしました。
    ラストはどうなるのかな(どうするのかな)~って
    ハラハラドキドキして観てましたが
    こうなりましたかぁ~
    まあ仕方ないでしょうかね。
    ひとつだけどうしても気になったのが
    アナ(マギー・ギレンホール)のイレズミ!
    あれは要らないんじゃないかなぁ~~

    違反報告
  • rikoriko2255

    ★ハイジ★

    2.0
    2007/5/21

    残念ですが主人公のハロルドを演じるウィル・フェレルが魅力的じゃない(^^;)
    愛らしさがないんですよね...で、どうもハロルドを応援する気持ちになれない。
    最後まで客観的にしか観られませんでした>_<。

    主人公をジム・キャリーが演じていたら全然違ったものになったんだろうなぁ
    と思ったら『トゥルーマン・ショウ』を思い出して仕方ありませんでした。

    なかなか面白いストーリーだし
    画面の使い方?説明的な注釈が入ったりするのも新鮮で面白かったので残念でなりません。

    違反報告