4分間のピアニスト|MOVIE WALKER PRESS
MENU

4分間のピアニスト

2007年11月10日公開,115分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

孤独な女囚と、彼女の才能を見抜いた女性教師が、音楽を通じて共鳴していく感動作。クラシックだけにとどまらず、ジャズやロックも盛り込んだ数々のピアノ曲が物語を彩る。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

老齢のピアノ教師クリューガーは、授業に訪れた刑務所で、問題児のジェニーと出会う。彼女の才能を認めたクリューガーは特別レッスンを施すが、コンテストの決勝を目前にして、ジェニーが暴力事件を起こしてしまう。

作品データ

原題
Vier Minuten
製作年
2006年
製作国
ドイツ
配給
ギャガ・コミュニケーションズ
上映時間
115分

[c]2006 KORDES & KORDES FILM GMBH/SWR/BR/ARTE [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ★ハイジ★

    2.0
    2007/11/21

    なかなか面白かった...んだと思う。
    一貫した画面の寒々しい色調とか結構好きなんですが
    なんだかもどかしさが残る作品でした。

    高名だった過去を持つ老いたピアノ教師クリューガーも
    監房に身を置き埋もれさせていた才能の開花の機会を得たジェニーも
    『弾いていない』のがあからさまで・・・もうひとつ作品に入り込めませんでした。

    でも途中何度もある演奏シーンで流れるピアノは素晴らしくて心を震わせるものだったので最後の4分間を楽しみに観ていたのに

    コンクールでの演奏は私には不協和音が入りただピアノにぶつかっているだけに感じられて感動できるものではありませんでした。

    手錠をされたまま後ろ手で演奏していたシーンの方がよっぽどジェーンを表し、
    音楽的にも評価できるものだったように思えてなりません。。。

    他の方々にはあの演奏が素晴らしく聞こえたんですねぇ....?
    私の感性が違うのかもしれない(^^;)

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    4.0
    2007/11/16

    芸術の秋だろうか。音楽を題材した映画が多い。これまでも何度もピアノを通して物語が綴られてきた。これはその中でも異例な作品だ。彼女の弾き方、まず驚かされた。(後も驚き)。女囚と教師で性格は両極端。これは二人の友情ではないし、お涙頂戴でもない。人は泣いたり笑ったりhugしたり、いろんな表現があるけれど、日常生活で本当に感情が剥き出しになることなどそうそうない。そう思うと、主人公であるジェニーは例え女囚で、心身共に傷だらけであるが、ピアノを通して自分の表現を明確に出せることに羨ましく感じた。希望を見い出す映画ではないかも知れない、でもこの二人に必ずや何かを得られること間違いない。予告で流れた音楽が本編ではちょっとしかなかったのが、残念。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告