殺人地帯U・S・A|MOVIE WALKER PRESS
MENU

殺人地帯U・S・A

1961年3月26日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アメリカ・ギャングの生態を描いた暗黒街ドラマ。サミュエル・フラーがワンマン・ショウで製作・脚色・監督を担当している。撮影を受けもったのはハル・モーア。出演するのは「決戦珊瑚礁」のクリフ・ロバートソン、ドロレス・ドーン、ビアトリス・ケイ、TVスターのロバート・エンハート、リチャード・ラストなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

トム・タリーは12歳の時ギャングにやくざだった父を殺された。幼い彼は犯人のギャングの1人の顔を脳裏にきざみつけた。母のない彼を酒場の女経営者サンディ(ビアトリス・ケイ)育ててくれた。しかし彼は感化院に入り小悪党の仲間入りし、やがて1人前の暗黒街の住人になった。成人したタリー(クリフ・ロバートソン)は父の仇をとろうと復讐の念にもえていた。刑務所に入った彼はそこでファラーという男に会って、父を殺した3人のギャングたちの情報をそれとなく聞き出した。麻薬密売人のゲラ、暴力犯のガンサー、売春組織をもつスミスの3人である。ゲラが恩人サンディの酒場を買って麻薬販売しているのを知った彼はそこに行って美しい娼婦のカドルス(ドロレス・ドーン)を助けた。彼女はスミスが関係したある殺人事件の目撃者だった。タリーは彼女に地方検事ドリスコルのもとで証言をさせ、スミスを逮捕させた。一方タリーはゲラのもとで集金人として働き、顔を売った。ゲラの親分である大ボスのコナースはスミス逮捕におどろき調査をタリーに命じた。タリーは地方検事と相談してガンサーが秘密裏に政府に情報を売っているとのニセ書類を作りコナースに見せた。コナースは殺し屋ガスニガンサーを殺させた。さらにタリーは政府の公式用紙を盗みゲラをおとしこむための文書を作った。コナースはまたガスを使ってゲラを殺した。目的の3人を自ら手を下さず殺したタリーのもとに、地方検事とハルドスを殺せとの命令をもったガスがやってきた。かっとなったタリーはガスを殺し、コナースの別荘にのりこんだ。そして悪の元凶コナースを抱いてプールにとびこみ彼の息の根をとめた。しかし、用心棒の放った1弾がタリーに致命傷をあたえた。サンディとカルドスがかけつけた時、タリーの命はすでにこの世を去っていた。父の仇を討ち果たした時、彼もまた自らの生涯を永遠に閉じたのである。

作品データ

原題
Under World, U.S.A
製作年
1961年
製作国
アメリカ
配給
コロムビア
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?