包帯クラブ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

包帯クラブ

2007年9月15日公開,118分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「永遠の仔」で知られる天童荒太の同名小説を映画化。柳楽優弥と石原さとみをW主演に迎え、悩める少年少女たちが傷ついた人々の心を癒そうと努力する姿を描いた青春ドラマ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

病院の屋上から飛び降りかけた女子高生のワラは、少年ディノと出会い、心を癒される。彼らは“包帯クラブ”を結成。心が傷ついた人からメールを受け、その現場に包帯を巻きに行き、撮った写真を返送する活動を始める。

作品データ

製作年
2007年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
118分

[c]2007「包帯クラブ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    かわうそ

    4.0
    2007/10/1

    個人にとって大きな悩みでも、他人にとってはどうでもいい事。
    そんな、様々な個人の悩み、心の傷を包帯ひとつで癒していく「包帯クラブ」。

    色々なエピソードがあり、何か一つくらい共感出来るエピソードがあれば、映画に引き込まれていくかと思います。

    ストーリーは、包帯クラブの結成から活動、その活動を妬む者の妨害、包帯クラブメンバー「タンシオ」以外の心の傷のエピソードと流れていきます。

    特に練った展開では無く、自然な感じで見る事が出来、包帯クラブを応援したくなるくらい楽しめました。
    また、エンディングテーマの高橋瞳の「強くなれ」が非常に好くて心に染み入る、いい曲でした。
    「ツッコミ」がいい奴であった事と「マイウー」の手紙は切なかったです。

    インパクトを出すシーンには突然無音になったり、感動的なシーンには「ルルル・・・♪」(ラララ?)という曲がかかったり監督の演出も好感触です。


    映画ひとつで(前向きに)変われたらめっけもんです。上映館が減って来ていますので興味のある方はお早めに鑑賞する事をオススメです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    Code

    4.0
    2007/9/17

    包帯を巻いて、、、それで癒されるか!? そう思っていた。
    ただ巻くだけではなく、その思いを共有して巻く。そのことに意味がある。ちゃんと、そういうことを教えてくれる。
    じつは、ちょっと痛いのだが、、、。

    テンポも良く、テーマ曲もいいですね。とても観やすいですね。
    キャストたちの目が、それを生かすカメラワークが、とても身近でリアルに語っていていいですね。


    なんだか、(撮影現地の)高崎にも行ってみたくなりましたよ。

    違反報告