ヒトラーの贋札|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ヒトラーの贋札

2008年1月19日公開,96分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ナチス・ドイツによる紙幣贋造事件。その秘密作戦に協力せざるをえなかったユダヤ人技術者たちの葛藤や苦悩をスリリングに映し出す、実話に基づく歴史ドラマ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ナチスの強制収容所へと送られたユダヤ人贋作師サリーは、その才能を見込まれてナチスの秘密作戦に加担させられる。それは、ポンドの偽札を偽造して英国に経済混乱を発生させるというものだった。

キャスト

カール・マルコヴィクス

カール・マルコヴィクス

サロモン・ソロヴィッチ

アウグスト・ディール

アウグスト・ディール

アドルフ・ブルガー

デヴィッド・シュトリーゾフ

デヴィッド・シュトリーゾフ

フリードリヒ・ヘルツォーク親衛隊・少佐

マルティン・ブラムバッハ

マルティン・ブラムバッハ

ホルスト親衛隊・小隊長

アウグスト・ツィルナー

アウグスト・ツィルナー

クリンガー医師

ファイト・シュテュプナー

ファイト・シュテュプナー

アツェ

セバスチャン・アーツェンドウスキ

セバスチャン・アーツェンドウスキ

コーリャ

アンドレアス・シュミット

アンドレアス・シュミット

ツィリンスキー

タイロ・プリュックナー

タイロ・プリュックナー

ハーン博士

レン・クトヤヴィスキ

レン・クトヤヴィスキ

ロセック

マリアン・カルース

マリアン・カルース

プラップラー

ノーマン・シュトフレーゲン

ノーマン・シュトフレーゲン

アブラモヴィッチ

ベルント・ラウカンプ

ベルント・ラウカンプ

シャワー室の囚人

ディルク・プリンツ

ディルク・プリンツ

親衛隊・衛生兵

ヒーレ・ベゼラー

ヒーレ・ベゼラー

グレーテ・ヘルツォーク

エリック・ヤン・リップマン

エリック・ヤン・リップマン

銀行支店長

ティム・ブレイフォーゲル

ティム・ブレイフォーゲル

工作員

ドロレス・チャップリン

ドロレス・チャップリン

カジノの令嬢

ローラント・フィッシャー・ブリアント

ローラント・フィッシャー・ブリアント

コンシェルジェ

ルイ・オースティン

ルイ・オースティン

ギャンブラー

ミヒャエル・ラシナス

ミヒャエル・ラシナス

支配人

ミヒャエル・ブローン

ミヒャエル・ブローン

ディーラー

マリー・ボイマー

マリー・ボイマー

アグライア

アーンツ・シュヴェリング・ゾーンレー

アーンツ・シュヴェリング・ゾーンレー

ハンス

ヤン・ポール

ヤン・ポール

サーシャ

リリー・クーグラー

リリー・クーグラー

マティアス・ルーネ

マティアス・ルーネ

ならず者

ハインツ・シュバート

ハインツ・シュバート

故買人

ロージ・シュトラーカ

ロージ・シュトラーカ

踊り子

ホルガー・ショーバー

ホルガー・ショーバー

伍長

スティーブ・シード

スティーブ・シード

囚人班長

ペーター・シュトラウス

ペーター・シュトラウス

親衛隊・将校

ベルンハート・リンケ

ベルンハート・リンケ

同房の青年

ヴェルナー・ダーエン

ヴェルナー・ダーエン

ローゼンタール

ラアンダー・モダーゾーン

ラアンダー・モダーゾーン

親衛隊・小隊兵

アンドレアス・シュミット

アンドレアス・シュミット

ツィリンスキー

作品データ

原題
Die Falscher
製作年
2007年
製作国
ドイツ オーストリア
配給
クロックワークス
上映時間
96分

[c]2006 Aichholzer Film & magnolia Filmproduktion Alle Rechte vorbehalten [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    レインボーパパ

    4.0
    2008/3/1

     戦争は本当に酷い。

     壁一つ隔てた向こう側では、同胞が虐殺されている。
     自分たちはナチスの勝利に貢献する偽札作りに協力しなければ、殺される。
     要求どおりの仕上がりでなければ、やはり殺される。
     病に冒されても殺される。
     常に命をかけた選択を迫られる日々。
     常に死が横にある収容所生活。

     サリーをはじめ囚われてる人達の心の支えは何だったのだろうか。今の私には想像もつかない。
     ただ、ドイツ将校に対して最後の一線を越えなかったこと、そして偽札を処分するようにカジノで使いきったことは、なんとなくわかるような気がする。

     時は流れても、独裁者は偽札作りが常套手段なのか、敵国経済を混乱させるため、外貨を手にするためと、目的は違えども・・・・

    違反報告
  • rikoriko2255

    nakatadairake

    4.0
    2008/2/10

    いやぁ~、おもしろかったなぁ!

    扱っている題材が題材なもんで、最初ちょっと構えて観てたんですが、かつての収容所物を思いださせるようなスリルとサスペンスの展開もあって、あっという間に観終わってしまいました。

    特に主人公役のカール・マルコヴィクスという俳優、いいですね(ぼくのなかでは”世界一かっこいいハゲ”のジェイソン・ステイサムをさらに渋くしたような感じ)。むちゃくちゃ存在感あります。

    違反報告