奈緒子|MOVIE WALKER PRESS
MENU

奈緒子

2008年2月16日公開,120分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

高校駅伝をテーマにした傑作コミックの映画化。運命の再会をした陸上選手と彼の部のマネージャーになる少女の青春ドラマを、人気若手俳優の三浦春馬、上野樹里共演でつづる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

長崎県波切島に療養で訪れた12歳の奈緒子は、年下の雄介と知り合った。だが船から溺れた奈緒子を助けるために、雄介の父が亡くなってしまう。6年後、奈緒子は高校陸上界のスターとなった雄介と、東京で偶然再会する。

スタッフ

古厩智之

監督、脚本

林民夫

脚本

長尾洋平

脚本

坂田信弘

原作

中原裕

原作・画

ポルノグラフィティ

主題歌

リズム

挿入歌

佐藤直樹

製作

亀井修

製作代表

松崎澄夫

製作代表

樫野孝人

製作代表

堀田学

製作代表

小餅憲一

製作代表

馬場清

エグゼクティブプロデューサー

椋樹弘尚

プロデューサー

久保田修

プロデューサー

有重陽一

プロデューサー

上田禎

音楽

猪本雅三

撮影

松隈信一

照明

中澤克己

美術

林大輔

録音

三條知生

編集

斎藤昌利

音響効果

西渕浩祐

装飾

オガワシンジ

キャスティング

傳野貴之

製作担当

金子哲男

ラインプロデューサー

高野敏幸

助監督

池上純哉

助監督

塩入秀吾

助監督

石川整

監督助手

岩坪梨絵

監督助手

白鳥正伸

監督助手

布江剛士

監督助手

佐野友秀

応援助監督

原田裕紀

応援助監督

廣田正興

応援助監督

高下守

長崎エキストラ担当

蒔野恭輔

組付大道具

室伏清

美術デスク

山下千尋

持道具

松島綾子

持道具

越智雅之

衣裳

吉田由紀

スタイリスト

木村友華

ヘアメイク

原田健太郎

演技事務

松村陽子

記録

岡部由紀子

ネガ編集

小池礼乃

ネガ編集

鈴木裕美

ラボコーディネーター

三橋雅之

タイミング

金子鉄男

オプチカル

山岸江美

オプチカル

安達大二郎

キーリンクテレシネ

小越将

レコーディング

平田耕一

視覚効果

大野俊太郎

視覚効果

佐々木一樹

視覚効果

土井美奈子

視覚効果

金哲彦

陸上指導

竹内秀樹

タイトル制作

佐藤啓

選曲

下總裕

選曲

小林喬

スタジオエンジニア

宮本明子

スタジオエンジニア

中山義廣

デジタル光学録音

宇田川章

デジタル光学録音

大場広樹

デジタル光学録音

太田明徳

営業統括

井垣恵美子

営業

村田敦子

宣伝プロデューサー

藤村陽子

スチール

齋藤應典

アクション

じゃーじー真輝糸洲

アクション

藤野尚美

製作主任

竹内秀男

製作主任

福川大介

製作進行

田中誠一

製作進行

安井輝

音楽プロデューサー

作品データ

製作年
2007年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
120分

[c]2008 坂田信弘・中原裕/「奈緒子」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    5.0
    2020/12/2

    今も活躍しているあんな俳優さん、女優さんが!!
    若いっていいなぁ、青春って素敵だなって思います。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ふく

    4.0
    2008/2/28

    原作マンガは読んだ事ありませんが・・・
    同名マンガの映画化で今、人気の上野樹里ちゃんと三浦春馬くんの主演です。旬の2人なので、中々goodですし★陸上部の監督役の笑福亭鶴瓶さんが、役得な点もありますが・・・いい味出してます(*^^)v
    また、他の陸上部メンバーもそれぞれ個性的で、素晴らしい作品になってると思います。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Code

    5.0
    2008/2/16

    駅伝は変った団体競技、、、確かにそうですよね。
    団体なのに個人の成果をつなぎあわせていって
    みんなで成果を作り出す。
    だから、それぞれの思いが、わだかまりがダイレクトに
    結果に反映される。そんななかで、心で向き合って
    ストーリーが展開します。

    主役の2人は、すごいですよ。心が素直に表現できている
    様に思いました。それに、本当に、相当、走っていますね。
    とても、とてもかっこいいですよ。
    これは、他の方では、まずできないでしょうね。
    すばらしいですよ。

    また、カメラワークやカット割りも、感情移入できるように
    がんばりすぎているぐらいがんばっています。
    この映画のよさを引き出すためのこだわりを感じます。

    つい、"がんばれ!"と応援したくなる。そんな映画でした。

    違反報告