明日への遺言|MOVIE WALKER PRESS
MENU

明日への遺言

2008年3月1日公開,110分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「博士の愛した数式」の小泉堯史監督による実録ドラマ。戦犯裁判の被告になりがらも、米軍の市街地爆撃を殺人だと主張した日本軍中将の姿をベテラン、藤田まことが熱演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

連合軍の主導で、数多くの戦犯裁判が行なわれていた、第二次世界大戦終了直後の東京。そんななか、空襲時にパラシュート降下してきた爆撃機搭乗員たちを捕虜とせずに処刑したとして、岡田資中将は裁判にかけられる。

スタッフ

寺嶋博礼

「明日への遺言」製作委員会

佐野真之

「明日への遺言」製作委員会

菅澤哲夫

「明日への遺言」製作委員会

佐藤法重

「明日への遺言」製作委員会

高橋圭

「明日への遺言」製作委員会

大澤善雄

「明日への遺言」製作委員会

森元晴一

「明日への遺言」製作委員会

名雪雅夫

「明日への遺言」製作委員会

大倉明

「明日への遺言」製作委員会

山口昭

「明日への遺言」製作委員会

山本淳子

「明日への遺言」製作委員会

那須野哲弥

「明日への遺言」製作委員会

青木竹彦

「明日への遺言」製作委員会

渡邉数馬

「明日への遺言」製作委員会

橋荘一郎

「明日への遺言」製作委員会

葉梨忠男

「明日への遺言」製作委員会

伊藤成人

「明日への遺言」製作委員会

藤野浩二

「明日への遺言」製作委員会

山下和也

「明日への遺言」製作委員会

加藤直次

「明日への遺言」製作委員会

岩佐芳弘

「明日への遺言」製作委員会

岡崎剛之

「明日への遺言」製作委員会

小泉堯史

監督、脚本

田中信一

音楽録音

中島浩之

音楽制作協力

竹川郁子

音楽制作協力

北川照明

主題歌レコーディング・エンジニア

大野映彦

主題歌5.1chミキサー

西尾昇

デジタル光学録音

野村みき

スタジオエンジニア

石井秀明

スタジオエンジニア

桑山太郎

タイミング

有田勝美

ラボ・コーディネーター

惣川雅子

字幕コーディネーター

荒木史生

デジタルオペレーション

増田悦史

デジタルI/O

飯田和希

デジタルI/O

熊崎知子

ラボ・デスク

逸見正彦

ラボ・マネージャー

小林弘人

ラボ・プロデューサー

大屋哲男

合成

田中貴志

合成

渡部彩子

合成

照沼敦朗

合成

林あゆみ

合成

竹内秀樹

タイトル

南成木

タイトル

塩崎祥平

製作通訳

徳永一生

製作通訳

鈴木大造

製作主任

武藤貴紀

製作進行

本多祐樹

製作進行助手

高杉美帆

製作経理

チェリン・グラック

U.S.Line Producer

ダニー・ゴールドマン

L.A.Casting

岩城レイ子

プロダクション・コーディネーター

原正人

プロデュース

星野友紀

製作担当

谷島正之

製作アソシエイト

上住曜子

プロデューサー補佐

竹内伸治

宣伝監修

本田純子

宣伝統括

廣村織香

宣伝プロデューサー

遠藤久枝

宣伝

續大輔

宣伝

幸積彩

宣伝

三浦剛

宣伝協力

鈴木崇史

製作宣伝

磯野進

劇場営業統括

舘英彦

劇場営業

吉田佳代

国際担当

大寿美トモエ

宣伝デザイン

池之辺直子

予告編制作

今井凌雪

題字

加古隆

サウンドトラック・作曲、サウンドトラック・ピアノ、音楽

森山良子

主題歌・歌、主題歌・作詞、主題歌・作曲

斎藤ネコ

主題歌・編曲

安井輝

主題歌コーディネーター

上原英和

プロダクション・マネージャー

豊島雅郎

エグゼクティブ・プロデューサーズ

住田良能

エグゼクティブ・プロデューサーズ

石川博

エグゼクティブ・プロデューサーズ

石井晃

エグゼクティブ・プロデューサーズ

吉井伸吾

エグゼクティブ・プロデューサーズ

和崎信哉

エグゼクティブ・プロデューサーズ

依田巽

エグゼクティブ・プロデューサーズ

林尚樹

エグゼクティブ・プロデューサーズ

角川歴彦

エグゼクティブ・スーパーバイザー

森豊隆

特別協賛

三木一正

プロダクション・アシスタント

大岡昇平

原作

ロジャー・パルバース

脚本

上田正治

撮影

北澤弘之

撮影

清久素延

撮影協力

山川英明

照明

紅谷愃一

録音

酒井賢

美術

阿賀英登

編集

黒澤和子

衣裳デザイン

相田敏春

装飾

斎藤昌利

音響効果

杉野剛

キャスティング

酒井直人

助監督

小川未央子

製作アソシエイト

田中徹

監督助手

齋藤雄仁

監督助手

森本晶一

監督助手

山本伊知郎

演技事務

酒井純子

監督通訳

坂上宗義

撮影助手

戸田聡申

撮影助手

鈴木靖之

撮影助手

中村純一

撮影助手

芳野智久

撮影助手

関根悠太

撮影助手

三善章誉

照明助手

濱田研一

照明助手

飯村浩史

照明助手

阿部良平

照明助手

赤羽剛

照明助手

小沢均

照明応援

佐藤宗史

照明応援

水瀬貴實

照明応援

大石政弘

照明応援

藤丸和徳

録音助手

中里崇

録音助手

加唐学

録音助手

池田雅樹

録音応援

上野義則

特機

菊地章雄

美術助手

野口隆二

美術助手

坪井一春

大道具組付

中屋裕樹

大道具組付

中村聡宏

装飾助手

木村真由美

装飾助手

平井治郎

美術製作

林宏美

美術製作

加藤千博

大道具

藤田索深

塗装

桑島要

塗装

山口敦史

建具

福田明

衣裳

古藤博

衣裳

坂下英明

衣裳

市川竜史

衣裳

藤懿裕美子

ヘアメイク

瀬下由紀

ヘアメイクアシスタント

吉野節子

ヘアメイク(富司純子)

美濃屋智代

ヘアメイク応援

坂東佳絵

ヘアメイク応援

鈴木真一

編集助手

山本彩加

編集助手

野本稔

編集応援

橋場恵

ネガ編集

松村映三

スチール

斎藤正利

メイキング

山本直史

メイキング

小畑真登

企画宣伝

佐藤浩

企画宣伝

磯野圭作

風俗考証

山本優

指圧指導

岡崎英雄

詩吟指導

大塚智子

音響効果助手

三芳三奈

音響効果助手

竹野内豊

ナレーター

登丸太一

製作経理

作品データ

製作年
2007年
製作国
日本
配給
アスミック・エース
上映時間
110分

[c]2007「明日への遺言」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ふく

    4.0
    2008/4/9

    実話に基づいた映画で、戦争モノ・・・
    それだけでもちょっと泣けそうな感じですが・・・
    舞台は殆ど法廷ばかりで、時代的にも難しい言い回しの台詞であったりと、小難しいのですが、藤田まことさん扮する、岡田資中将の人柄が凄く見受けられ、とても素晴らしい作品に仕上がっていると思います。
    戦争モノ・・・ってだけで嫌いなジャンルにする方もおられますが・・・戦争体験を風化させない為にも、観て欲しい作品だと思います。

    違反報告
  • rikoriko2255

    みわ

    3.0
    2008/3/6

    冒頭の資料映像や、随所にちりばめられた資料写真や絵画など、
    改めて目を覆うことなく見直したいと思いました。
    戦争とはそういうものだといってしまえばそれまでですが
    そういった殺戮が起こるのだということを
    直視しなくてはと思いました。

    。。。それにしても、
    竹野内豊のナレーションは、狙いで素人?

    凛とした女性を演じさせたら
    冨司純子は、絶品です!!
    ほとんど台詞が無く
    それでいて存在感のある演技。

    藤田まこと、冨司純子、弁護士、検事、裁判官。
    この5人以外は、他の役者さんに変わっても関係なく思えました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ぼうしゃ

    3.0
    2008/2/11

     無差別攻撃は戦争かそれとも犯罪か」というテーマ、そしてそれを裁く人間の限界と可能性を示してくれる映画でした。

     ただ軸となる岡田中将の人となり、弁護士・検事・裁判官が共感するような人物だったという部分は、少なくとも裁判の場面だけでは時間的要因のためか少々伝わってこず、結局は裁判以外の部下とのふれあいなどでしか見られなかったのは物足りない気がしました。裁判も、人間の理性尊重という面からは、観客としてはもうちょっと主張の整理をしてもらえると嬉しかったと思います。

     ワンシーンワンカットで撮影している法廷シーンなど、役者やスタッフの意気込みは凄く伝わりしびれる展開ですが、フィルムワンロール分でしか続かないため10分少々というのが少し物足りない感じです。フィルムという呪縛の結果だとは思いますが、デジタルで撮影したらどうだったのだろうと想像してしまいました。

    違反報告