ポストマン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ポストマン

2008年3月22日公開,111分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

長嶋一茂が製作総指揮と主演を務めるドラマ。海辺の小さな町を舞台に、真摯で無器用な郵便配達員が、家族や周囲の人々とはぐくむ絆や愛情を、温かな眼差しでつづる感動作。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

数年前に妻を亡くし、男手ひとつで2人の子供を育てる堅物の郵便配達員、龍兵。高校進学の話などで衝突した娘との間にできた溝に悩むなか、彼は配達中に顔なじみである老人が自宅で倒れているのを見つける。

作品データ

原題
Postman
製作年
2008年
製作国
日本
配給
ザナドゥー
上映時間
111分

[c]2008「ポストマン」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    jemmy

    4.0
    2008/3/22

    長嶋一茂さんの製作総指揮・主演ということで、
    正直なところあまり期待をしないで観に行きましたが、
    バイクを使わずバタンコ(配達用の自転車)での配達を続ける、
    郵便局員という仕事に対する一途な想いや、
    「家族はひとつ屋根の下で暮らすべき」という信念を貫く
    朴訥な主人公を好演していたと思います。
    それに、バタンコを力強く漕ぎ続けるシーンは、
    プロ野球選手だった長嶋一茂さんだからこそ撮れたシーンだと思います。

    映画を観た後に聞いたのですが、
    完成試写会には、お父様の長嶋茂雄さんをご招待されたそうですが、
    褒められて嬉しかったそうです。
    それだけ、力を注いだ自信作なのでしょう。

    涙あり、予想外の笑いありでバランスよく楽しめた作品だし、
    菜の花が咲き誇るシーンに『春』を感じられましたが、
    心の中にも『春の暖かさ』を感じさせるような爽やかな作品でした。

    違反報告