ファクトリー・ガール|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ファクトリー・ガール

2008年4月19日公開,91分
R-15
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1960年代のファッション・アイコン、イーディ・セジウィックの伝記映画。アンディ・ウォーホルのミューズだった彼女のはかない輝きを、時代の風俗を再現して描く。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

名家の令嬢イーディがあるパーティで大物アーティスト、ウォーホルと出会う。彼女はウォーホルの映画に出演し、ファッション界でも脚光を浴びるが、しだいに情緒不安定になりドラッグに溺れていく。

スタッフ

ジョージ・ヒッケンルーパー

監督

キャプテン・モズナー

脚本、ストーリー、共同製作

サイモン・モンジャック

ストーリー、エクゼクティブ・プロデューサー

アーロン・リチャード・ゴラブ

ストーリー、製作

マイケル・グレイディ

撮影

デーナ・E・グローバーマン

編集

マイケル・レヴィン

編集

バーバラ・フィオレンティーノ

キャスティング

レベッカ・マンギエーリ

キャスティング

ウェンディ・ワイドマン

キャスティング

ジョン・ダン

衣装デザイン

ジェレミー・リード

プロダクション・デザイナー

ジェイムス・ゲラーデン

アート・ディレクター

クリスティナ・キム

セット・デザイナー

マット・アバリー

音楽監督

エド・シェアマー

音楽

マルコム・ペタル

製作

モリス・バート

製作

キンバリー・C・アンダーソン

製作

ホリー・ウィーアズマ

製作

カーラ・ガルディニ

共同エグゼクティヴ・プロデューサー

ミシェル・クラム

共同エグゼクティヴ・プロデューサー

マシュー・ランドン

共同エグゼクティヴ・プロデューサー

ボリス・マルデン

共同エグゼクティヴ・プロデューサー

ボブ・ワインスタイン

エクゼクティブ・プロデューサー

ハーヴェイ・ワインスタイン

エクゼクティブ・プロデューサー

ボブ・ヤーリ

エクゼクティブ・プロデューサー

石田泰子

字幕翻訳

作品データ

原題
Factory Girl
映倫区分
R-15
製作年
2006年
製作国
アメリカ
配給
ファントム・フィルム=AMGエンタテインメント=エイベックスエンタテインメント
上映時間
91分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    たけ

    4.0
    2008/4/29

    イギリスで半年前に見た友人が、この映画の事をボロクソに言っていたので、当初見る予定はなかったのですが、見てよかったと思います。

    アーティスティックな作りの映画ではないですが、ファクトリーの再現とか、イーディの60年代ファッションとか、当時のパーティの雰囲気とか、色々楽しむことが出来ました。

    ツッコミどころは、

    「ボブ・ディランの描き方、それでいいのか?」

    ってところかしらん?
    なにやら、この映画の製作段階でボブ・ディランが公開差し止めしようとしたとかで、それによってかわかりませんが、ボブ・ディランの描き方がただの「イケメンミュージシャン」のようなうすっぺらな魅力だけ醸しているようでならなかったです。(名前も、ビリーという違う名前にしてあった。)
    イーディはドラッグに嵌って亡くなったのですが、ドラッグを彼女に教えたのは他ならぬボブ。で、彼があたかもイーディを死に追いやったというふうに描かれては困るという訴えだったそうです。そのためにそのへん、うやむやに描かれているようでなりません…。
    事実関係は定かではありません、念のため…。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告