ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌

2008年7月12日公開,115分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

水木しげるの人気怪奇漫画を、ウエンツ瑛士主演で実写映画化した大ヒット作の第2弾。連続失踪事件の謎を追う鬼太郎が、その裏で暗躍する悪しき妖怪たちと激闘を展開する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

現場に必ず“銀の鱗”が残されているという、女性連続失踪事件が発生。女子高生の楓と出会った鬼太郎は、彼女と共に事件の謎を解明しようとする。やがて彼らは、千年の時を経て甦った悪霊が原因であることを突き止める。

作品データ

製作年
2008年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
115分

[c]2008「ゲゲゲの鬼太郎」フィルムパートナーズ [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ふく

    3.0
    2008/7/19

    前作に次ぐ、ウエンツ瑛士クンによる実写版の続編です。
    前作も観たので・・・今回も(*^^)vのノリで行って参りました★
    妖怪ものと言うよりは、
    テーマは・・・「愛」かなっ(*^_^*)
    キャストも豪華ですし、大人も子供も楽しめるのではないでしょうか!?
    しかし、金曜の夜なのに・・・大きい映画館に3人は淋しかったです(>_<)
    これからご覧になる方、エンドロール後にも映像があるので、最後まで席を立たない
    で下さいねっ(^_-)-☆

    違反報告
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    4.0
    2008/7/18

    賛否がかなりはっきり分かれる映画ですが、私は原作との比較はせず、娯楽映画として楽しんでます。

    前作では、ストーリーや登場人物(妖怪)が整理されず、散漫な印象があったものの、今回はしっかり芯の通った構成で、しっかり笑わせ、泣かせてくれます。出演する人間を思い切って整理し、妖怪一人一人が前作より生き生き。子泣きじじいと砂かけばばあの漫才シーンが増えたのも(アドリブもけっこうあったんじゃないかと思います)嬉しいところ。

    鬼太郎のキャラクタには賛否両論あるでしょうが、原作のイメージに固執しなかった事が、脚本に自由度を与えたような気も。今回も、ウエンツ鬼太郎の性格設定を生かした脚本になってます。

    しかしそれでも、この映画が「ゲゲゲの鬼太郎」なのは、マンガの世界観をほとんど一人で背負っている大泉洋さん@ねずみ男のおかげ。彼が居なければ実写版鬼太郎は成立しなかった。

    ぬらりひょん、誰が演じているのか、エンドロールを見るまで分りませんでしたが、ほんと、ベテランの貫禄ですね。
    濡れ女の、静かな表情で魅せる演技、お母さんに一歩近付いたか?
    夜叉も、若手なのに、井戸仙人や蛇骨婆に負けず劣らずきっちり存在感見せてくれました。

    演技力が弱い役者さんは、特殊メークに負けてしまうので、ある意味実力がシビアに問われる怖い映画かも知れません。

    違反報告
  • rikoriko2255

    さだお

    4.0
    2008/7/14

    第2作目ですが、前回を見ていなくても問題なく見ることが出来ます。
    有名出演者も多数で声だけの出演やちょっとだけの出演もあるので、そちらにも注意をしながら見ても面白いです。

    オープニングで鬼太郎の誕生のシーンもあります。

    違反報告