チェ 28歳の革命|MOVIE WALKER PRESS
MENU

チェ 28歳の革命

2009年1月10日公開,132分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ベニチオ・デル・トロが世界中の人々に愛された伝説の英雄に扮した、伝記ドラマ2部作の第1弾。キューバ革命の英雄、チェ・ゲバラの波乱な生涯と崇高な精神を重厚に映し出す。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

若きアルゼンチン人医師チェは、独裁政権に苦しむキューバでの革命を準備するカストロ兄弟と出会う。わずか80人弱で2万もの政府軍を相手にした戦いに臨もうとする彼らの作戦に、チェは参加を決意する。

作品データ

原題
Che Part1: The Argentin
製作年
2008年
製作国
スペイン フランス アメリカ
配給
ギャガ・コミュニケーションズ=日活
上映時間
132分

[c]2008 Guerrilla Films, LLC - Telecinco Cinema, S. A. U. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2009/1/19

    私が、「チェ」を知ったのは、『モーターサイクル・ダイアリーズ』。
    後に理想主義の革命家となる医学生エルネストが年上の友人とバイクで南米大陸探検の旅に出て、開眼して行く。
    『イントゥ・ザ・ワイルド』を見たときに、その映画を思い出した。
    旅は、行って、帰るから旅なのである。
    帰って来なくては旅じゃない・・あの青年も帰って来ていれば、チェとは違った大物になったのかもしれない。

    兎も角、チェを知った後、『ダンシングハバナ』と言う、原作者の実話を元にした映画と出会った。

    革命運動下のキューバで、革命とは無関係に生きながら、その時代背景に翻弄される初々しいアメリカ人のお嬢様と、キューバの勤労青年のダンス好きのカップル。

    実際の当時の彼らの生活を知るのにお勧めの映画です。

    そして、今回の映画と重なる『チェ・ゲバラ&カストロ』。

    なので、この映画はそれをなぞっている様に良く解りました。
    この後、ハバナが、キューバがどうなっていくかも、勿論知って居ます。

    今作は、ハバナを目前にした所までのストーリー。

    次回は、新たな旅立ちの話になるそう・・

    そちらの方が個人的には興味深いのですが、チェは、革命後のキューバにこそ、必要だった人材だと思う。

    意外と、チェの事を知らない人が多い事の方がびっくりです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    5.0
    2009/1/15

    かっこいい…指導者としてなるべくしてなったチェの人間性。高慢であるべからず。革命者且つ、医師としての腕を生かし、部下の意見にも耳をかたむける。革命に対する信念を貫き通すその姿、誰でも彼に惚るはず…PART2、革命後の彼が早く見たい!

    違反報告
  • rikoriko2255

    レインボーパパ

    3.0
    2009/1/12

     チェ・ゲバラがカストロと出会い、バティスタ政権を倒すまでが描かれた映画。
     チェの言葉や行動から、純粋で高邁な精神をもって革命に身を投じていたことが分かる。

     物語は、1964年の国連総会でのスピーチの場面と革命の戦いの場面が交互に入れ替わる。主要登場人物の多くが同じようなひげ面で誰が誰だかわかりにくい面もある。

     でも、現在でも存在している数少ない社会主義国家がどの様に誕生したのかを目撃できる映画だ。

     ただ、なぜチェ・ゲバラが革命に身を投じるようになったのかは、わからない。この映画を観る前に、『モーターサイクル・ダイアリーズ』を観た方がよかったのかもしれない。

    違反報告
  • rikoriko2255

    keicyacom

    4.0
    2009/1/11

    ソダーバーグ監督は、好きな監督なのだけど、前半の演出が懲りすぎていて、わかりにくかった。チェ・ゲバラの行動をもっとストレートに描いてもらえるとよかったと思う。後半は、彼の革命に対する意見とセルフ・ディシプリンが描けていてよかった。

    当時のキューバの政治、アメリカとの関係、革命後のソ連との関係を予習していないと、ちょっと難しい。映画を見る限りは、ゲバラは革命家、カストロは政治家という感じがしました。見るべき映画のひとつで、後半も見に行くつもりです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    4.0
    2009/1/10

    時代背景について、ある程度予備知識がないとピンと来ないかも知れませんが、勉強になります。

    カストロは優れた政治家であり、チェは天才的な革命家であった。日本で言えば頼朝と義経のような関係か?
    チェはキューバ革命の成功を見届けた後、盟友カストロと別れ、新たな戦地へ旅立って行った。そのため彼は敵地で無残に処刑されたものの、彼は義経と違って、自分の居場所を悟っていたのかも知れない。

    違反報告