ディファイアンスのレビュー・感想・ネタバレ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ディファイアンスのレビュー・感想・ネタバレ・評価

2009年2月14日公開,137分

ユーザーレビュー

4.0
  • rikoriko2255

    4.0
    2009/2/4

    もう一つの『シンドラーのリスト』と言われて居ますが、大きく違う事は、ビエルスキ兄弟は、彼らもまたユダヤ人だということ。

    自身も生き延びる事に必死で、家族を奪われた怒りに駆られながら、復讐は、生き延びる事・・と心に命じ、徐々に彼等を頼りに集まる同士を守る為に共同体を作り上げて行く。

    彼らは決して特別で無く、同じく悩み、葛藤し、ぶつかり、傷付く。

    あれだけの大所帯になれば、起きる諍いも半端じゃない。

    それでも理解者が居て、守るべき人が居て、生き延びようとし、投げ出さなかった強さ。そしてそれを吹聴しなかった彼等の潔さ。

    臨場感溢れる映像の彼等と共に、こぶしに力が入りました。

    上映前、当時ユダヤ人に渡航ビザをを与え、最後の最後まで一人でも多くのユダヤ人を救おうとした日本人外交官が居た事を知りました。
    その方の息子さんの話に、また涙しました。
    彼もまた、多くを語らなかったそうです。
    あまりに多くの事を見、体験すると、そうなのかもしれませんね・・

    人として、その時するべきことをしたのだ・・と言う彼らの勇気と行動力に敬意を感じます。

    こう言う出来事、避けずに目を背けずに、見詰め、感じて欲しいです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
1/1