チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室|MOVIE WALKER PRESS
MENU

チャーリー・バートレットの男子トイレ相談室

2009年4月4日公開,97分
PG-12
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

全米スマッシュ・ヒットの痛快青春ドラマ。商売目的で学校内でカウンセリング業を始めたセレブ高校生の姿を通し、現代の少年少女の“心の病”をコミカルに描き出す。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

生徒たちをカウンセリングし、さまざまな悩みを自分の症状として診察を受けては転売用の薬をゲットするセレブ高校生のチャーリー。しかし、彼らの悩みを聞いているうちに普段は見せない深刻な問題に直面する。

作品データ

原題
Charlie Bartlett
映倫区分
PG-12
製作年
2008年
製作国
アメリカ
配給
ゴールドラッシュ・ピクチャーズ=ワイズポリシー
上映時間
97分

[c]2007 Kimmel Distribution, LLC. All Rights Reserved./WISEPOLICY & GOLD RUSH PICTURES [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    5.0
    2009/4/8

    とても普通の学園生活。

    抱えている悩みも、思春期らしい物なのですが、皆真剣で、ちょっと健気で、可愛らしい・・

    薬の転売目的で悩み相談を始めたチャーリーだけど、彼等にとって必要なのは、薬じゃなくて、変わるきっかけだったり、勇気だったり・・いじめっ子も、変わった子も、分け隔て無く付き合えるのがチャーリーの魅力ですが、彼自身が抱えている人気者になりたいと言う切迫観念。
    それを聞いてあげる大人が居ない事、それも結構深刻だったのかも・・

    でも母の愛も母への愛も有るので、ぐれないのかも知れませんね。

    この母子見ていて、家みたいな関係だなぁ・・とちょっと思いました。

    この映画を見て、Anton・Yelchinにどっぷりはまり、『スタートレック』『ターミネーター4』『NY.I love you!』『誰かが私にキスをした』と追いかけ、過去作も全て見ましたが、Antonは兎に角『最高の友だち』でも『アトランティスの心』でも、健気なママの息子を演じて居ます。
    母性本能刺激しまくり。

    本人にも『チャーリー~』からのファンと伝え、ハグして貰いましたが、本当に良い子です。
    子役出身ですが、今後も楽しみ。
    因みにファンサイトも作りました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告