おと・な・り|MOVIE WALKER PRESS
MENU

おと・な・り

2009年5月16日公開,119分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

岡田准一&麻生久美子共演で贈るラブ・ロマンス。隣同士に住みながら一度も顔を合わせたことのない男女が、ふとしたことから惹かれていく姿を温かに紡ぎ出す。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

多忙な日々を送るカメラマンの聡と花屋に勤める七緒は、あるアパートのお隣同士でありながら面識のない男女。そんなおり、彼らは壁越しに聞こえてくる互いの生活音に奇妙な心地良さを感じていく。

作品データ

製作年
2009年
製作国
日本
配給
ジェイ・ストーム
上映時間
119分

[c]2009 J Storm Inc. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ダージリン

    5.0
    2009/7/12

    主演の二人が実に良かったです。どこか影があって、不器用で、鬱屈を抱えた様子を非常に上手く演じていたと思います。映画の雰囲気もとても良かった。

    それにしても、市川実日子が岡田准一に向かって言った「いい加減、誰かのせいにして、自分を許すのやめなよ」という台詞は、見ていてるこちらも随分と応えました。

    くすぶっている思いを抱きつつ、それをしがらみや環境のせいにしてしまうというのは、きっと私に限らず、世の男性陣(特にサラリーマン)にも多いのではないでしょうか。結局は自分で切り開いていかなければいけないのでしょうが。

    ところで、見終わった後、横の席の人がしみじみと「長い・・・」と呟いていました。私はそうは感じなかったのですが、言われてみると、確かに時間があった割に、ラストで駆け足して何とか収めてしまったという感じがしないでもありません。もう少し前半を詰めて、後半をじっくり描くバランスでも良かったかもなと思いました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    5.0
    2009/6/1

    実は同じような話があって、
    『ターンレフト ターンライト』
    http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/index.cgi?ctl=each&id=34982
    金城武のコメディで、会いたくてもどうしても出会えない男と女が実は、アパートの隣同士だった。そしてふたり共、外国へ旅立つ朝、偶然・・・、という話を思い出しました。
    もちろんちょっと状況は違うのだけれども、似たような話です。
    これって、考えるとベランダにふたりが同時に出ないのが原因で、それは男が洗濯をしないからかなと思います。私もマンションの隣人に出会うのは唯一、洗濯物を干しているときだけです。
    それにしてもこのタイトルはイヤですね。当然「お隣」と隣の生活音「音鳴り」を掛けているのですが、パソコンで検索するとき、この「・」のあるなしで、別の表記になってしまい、うまく検索できないのです。これって後から大変ですよ。たぶん。
    麻生久美子は良い女優さんですね。本当に綺麗で素敵で、こんな恋人がいたら、と思いますが、岡田准一と同級生という設定は!いくら何でももうちょっと年上じゃないかい、という突っ込みもいれたくなります。tsutayaにない『カンゾー先生』観たいよう!
    市川実日子も良いですね。日本でキャリアウーマンと言っても、どうもうまく表現できていなかったようですが、部下の男性を叱り飛ばす態度といい、ようやく日本でもこういう「中性的」な演技ができる人が出て来た感じがします。
    これも平日(6/1)ですが、混んでいました。
    新宿ピカデリーには、実際に岡田准一が撮った写真が飾られているよ。谷村美月がかわいい。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2009/5/14

    中盤過ぎまでこの二人のそれぞれの様子が...............。
    聡の方は、高校時代からの友人が突然いなくなり、妊娠したという彼女が転がり込む。
    ハチャメチャに見える彼女だが、以外と家庭的!! ちょっと度が過ぎるところもあるけど........。

    一方七緒の方は、時々立ち寄っていたコンビニの店員に好意を寄せられて、ある日その男性客の氷室にオーダーされて作った花束を、「店に来るたびに胸が高鳴って、運命を感じる」と目の前で告白されプレゼントされる。
    翌日、花屋の同僚の山賀くんがそれに感動して坊主頭で店に現われ、メル友だった子の告白。
    だがどちらもエ~ッという結果に!!

    そんな二人が、家に帰ればアパートの壁越しに聞こえてくる生活音で、次第に心を通わせ合う。
    いまどきそんな薄っぺらな壁が~~~~~ぁ。
    非常に緩やかな、かつ衝撃があるラブストーリーで、ラストシーンのきれいな終り方に感動した~ぁ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告