ザ・カー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ザ・カー

1977年8月13日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

突然、ある日無人の車(カー)が人を襲うサスペンス映画。製作はマーヴィン・バートとエリオット・シルヴァースタイン、監督は「馬と呼ばれた男」のE・シルバースタイン、脚本はデニス・シュラック、マイケル・バトラー、レーン・スレート、撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はレナード・ローゼンマンが各々担当。出演はジェームズ・ブローリン、キャスリーン・ロイド、ジョン・マーレイ、R・G・アームストロング、ロニー・コックスなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

西部はサンタイネスという小さな町の郊外で、車(カー)がアベックやヒッチハイカーをひき殺した。連絡をうけた保安官ウェード(ジェームズ・ブローリン)は、子供を恋人ローレン(キャスリーン・ロイド)が教師をしている学校に送ると、現場にむかった。目撃者エイモス(R・G・アームストロング)の話によれば運転者はいないらしい。翌日、子供達のいる町の広場へ車(カー)が襲ってきた。ローレンは車(カー)をののしる。警官達の射つ弾丸にもびくともしない車(カー)をウェードはバイクで追うが、彼はドアにたたきつけられ負傷した。彼が病院にいる間にローレンも車(カー)に殺される。復讐に燃えるウェードはエイモス達に峡谷に爆薬をセットするよう指示し、彼はバイクで車(カー)をおびきよせた。爆走する車(カー)。すでに爆薬はセットされてい、車(カー)が突っ込むと同時に峡谷は爆発され、火柱が空中を引き裂いた。だが果して、本当に終ったのだろうか?

作品データ

原題
The Car
製作年
1977年
製作国
アメリカ
配給
ユニヴァーサル=CIC
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?