96時間のレビュー・感想・ネタバレ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU

96時間のレビュー・感想・ネタバレ・評価

2009年8月22日公開,93分
PG12

ユーザーレビュー

3.5
  • rikoriko2255

    tom

    3.0
    2010/12/29

    お父ちゃん、強ぇ~~~!!
    可愛い娘のためなら
    鬼となるお父ちゃん!
    アクションもかなりのハードぶり!
    こんだけ人を殺っちゃっても
    一瞬たりとも気を許すことなく
    最後の最後まで追い込みますね~
    リーアム・リーソンのアクションっていうのも
    見ごたえありますね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ダージリン

    4.0
    2009/9/14

    この主人公は、娘を探し出すために最短距離を突っ走り、迷いがなく、ムダがなく、敵への容赦がなく、完全なるプロフェッショナルです。

    決して派手さがある訳ではないのに、不思議なぐらい痛快で見事なアクション活劇になっています。

    ロマンスがある訳でも、これと言ったピンチに陥る訳でもなく、目的に向かってただただ突き進む玄人を描いていながら、よくこのテイストになったなあと思います。

    監督さんの技量なのでしょう。面白かったです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    2.0
    2009/9/3

    旅行先の娘が誘拐されたっ!しかし映像はすいすいと事が進んで行き、あっという間に敵地に乗り込めてしまった。ざっと96時間以内だ。冒頭にセレブのセキュリティをしていた頃が大分懐かしい。この父親、理想かどうかは別として、とりあえず、何があっても安全は確保されるなぁと地味な感想だけが残された映画。演技派R.ニーソンだから観たようなものだ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    レインボーパパ

    4.0
    2009/8/27

     最初の見た目は人生に疲れたおっさん。しかも奥さんに捨てられ、娘の親権も奥さんにあり、再婚したのはお金持ち。気の毒だ。
     ただ、昔の仕事仲間との会話から腕利きのCIAエージェントだったらしいと推察できる。つまり家庭より国家を取ったために、別れてしまったよう。

     彼が文字通り目に入れても痛くない娘が嘘をついて渡欧する。娘も娘だけど、一緒に行く友だちが尻軽で頭も軽すぎる。
     父の懸念どおり事件に遭遇。しかも誘拐。

     そこからが凄い。人生にくたびれたかに見えるおっさんが大変身。かつてCIA時代に身に付けた特別なスキル(クワイ=ガン・ジン時代のフォース?)を駆使して犯罪者をたった一人で追い詰めていく。決して誰にも止められない。まさにたった一人の軍隊だ。しかも娘を溺愛しているので容赦がない。
     娘と結婚する人は大変だろう。

     うちの子も大学に入ったらバイトしてお金ためてパリに行きたいって言っている。それまでに私も・・・・

    違反報告
  • rikoriko2255

    taka_dds

    5.0
    2009/8/22

    原題「TAKEN」(誘拐?)を「96時間」などと「24」を意識して邦題を付けたB級感プンプンのこの作品(実際CMもバウアーだし・・・)。

    実際観てみると超ビックリ!
    なんだよこのオッサン!!めっちゃ強いやん!!

    武器の扱い、体術、運転、情報戦。全てにおいて最強。CIAって引退した人間でもこんなレベルなんかいな(笑)ってツッコミ入れたくなる超設定。
    全ては娘の為とはいえ、ここまでやってお咎めなしっていうラストも含め最初から最後まで都合の良すぎる作品では有りますが、久々に見ていてスカッとするアクションでした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    5.0
    2009/8/18

    海外旅行に行くと、解放感であんな誘いに乗っちゃうのは、日本人だけじゃなかったんですね。
    でも怖!!
    誘拐されて、あんな簡単に売られちゃうなんて...........。
    96時間というタイムリミットの中、娘を誘拐された父親が警察の助けを借りず、たった一人で異国の敵からの奪還を試みるなんて、まさに父親の愛!!
    心配性な父親だけど、運よくまさに誘拐される瞬間の娘と連絡取れてて不幸中の幸い!?
    救出にあたっては、心臓バクバクでしたよ。
    相手が悪人だけど、お情け掛けて命だけはと思ったけど、結構容赦なく殺してましたね。
    娘を救出するため???

    新しいお父さんは優しさとお金だけ???
    はじめは別れた奥さんや娘もあんまりだ~~~の態度だったけど、父親を感謝すると共に見直したことでしょう。
    最後娘が、父親がひそかに口利きをしていた歌手のためのレッスンに行ったことがよかったです。
    最初から素直にそっちに行けよ~~ってか!?
    羽目を外すのもほどほどに!!

    リーアム・ニーソンは地味でしたが、内容的にはトランスポーターより迫力もありよかったです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2009/8/10

    リーアム・ニーソンという人は、『シンドラーのリスト』の時点で既に40歳、ここからアクションスターになるというのも凄いです。私とほとんど変わらない年齢(57)で、全力で走るなんて。敵を倒すシーンは早すぎて、何をやっているのかよく分からないほど。ひとりで敵の本拠地に出向くというのも、日本の任侠映画によくあった「男の美学」か・・・。
    緊張を解くシーン、例えばニーソンが、「お前たちの行動は24時間、衛星に監視されている」とはったりをかますと、手下のひとりが空を見上げるシーンがあって、「ここで笑うのね」と無理強いされる気がしたけど(笑)。
    なかなか良くできている作品ですが、敵の設定をアルバニア系にしたのは、ちょっと・・・。できれば、架空の国にして欲しかった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2009/8/7

    現役時代仕事人間で、離婚。
    元妻はとても裕福な男に嫁ぎ、娘も幸せに暮らしている・・
    引退し、近所に引っ越しては来たけれど、何となくかやの外で煙たがられているリーアムパパ。
    それでも、娘の危機に、嘗ての職業を生かして追撃して行く姿は恐ろしいほど頼もしい。
    容赦無いですけどね。

    結構グロイシーンも有るけど、スピード感があり、映画の時間自体短い事もあり、あっという間です。

    命がけで取り戻した娘を、元妻夫婦に引き渡し、去っていく姿は寂しいけれど、男だなぁ。

    過保護パパ・・と言われているけど、何処のパパだって、実力が伴えば、同じ気持ちですよねぇ。

    私だって、ブラザーズを奪われたら、命がけで追いかけるわ。
    邪魔する相手に容赦なんてしないわねぇ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    みお

    3.0
    2009/8/3

    見終わって、一番最初に思ったのが、
    「あれだけの事して、後始末って、誰がしたの?」

    ほんとに、ムチャクチャでしたね、娘のためなら。
    あんなパパが居たら、そりゃ心強いけど、それはいざ!って時。
    それに、このパパ。娘をお嫁に出せるのか、かなり心配になってしまった。
    身についた特殊技能は、このいざって時には役立ったけれど、そのおかげで家庭崩壊を招いたわけだし。
    人間くさくて泥臭くって、クールじゃない元工作員をパパに持つのは、つらいかな?

    カーチェイス、急ぐ気持ちはわかるけど、大きなスクリーンで見せられると、ミョウな疲れを感じてしまった。

    日本人だけじゃないんだなあ、旅先で優しくされて、コロッとだまされるのって。
    それに、官僚がお金に弱いのも、同じなのねえ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ぼうしゃ

    2.0
    2009/6/6

     誘拐された娘を奪還すべく元特殊工作員のさえない父親が、ジェダイ騎士宜しく、大活躍する話ですが、リュック・ベンソン脚本らしく過剰なカーチェイスありガンアクションありの映画。特に後半はジェットコースターのように展開していきます。
     
     強い父親、親娘愛という軸はいいのですが、父親としての魅力、娘のヒロインとしての魅力は今ひとつ。これもリュック・ベンソン映画らしいといえばらしいのですが、後日談があっさりすぎて拍子抜けしてしまいます。
     
     タイトルも「テレビドラマ」を強く意識してる感じが強すぎて安っぽい感じがします。原題「TAKEN(誘拐)」の方が魅力的のように感じます。

    違反報告
1/1