シドニー・ポワチエ 一発大逆転|MOVIE WALKER PRESS
MENU

シドニー・ポワチエ 一発大逆転

1976年10月16日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

自分たちのロッジ新築の資金集めのために活躍する、2人の愉快なコンビを主人公にしたアクション喜劇。製作はメルビル・タッカー、監督・主演はシドニー・ポワチエ、脚本はリチャード・ウェスリー、原作はティモシー・マーチ、撮影はドナルド・M・モーガン、音楽はカーティス・メイフィールド、編集はペンブローク・J・ヘリングがそれぞれ担当。出演はポワチエの他に、ビル・コスビー、オシー・デービス、カルヴィン・ロックハート、ジョン・エイモス、デニス・ニコラス、リー・チェンバリン、メル・スチュアート、ジュリアス・ハリスなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

クライド・ウィリアムズ(シドニー・ポワチエ)はアトランタの牛乳屋、ビリー・フォスター(ビル・コスビー)は工員である。2人は「ザ・サンズ・アンド・ドーターズ・オブ・チャカ」という古びたロッジの中心メンバーなのだが、このロッジでは新しいミーティング・ホールを建設するために5万ドル必要としていた。そこでビリーは、クランドに、ちょっとしたインチキを楽しみながら、新ホール建設の資金を調達しよう、と持ちかけた。2人は資金1万8千ドルを持ち、クライドの妻ディー・ディー(リー・チェンバリン)、ビリーの妻ベス(デニス・ニコラス)を伴なって、ニューオリンズへ向かった。クライドは不思議な能力を持っていて、ビリーとその能力を、ボクシングの試合で利用することを思いついた。いかにも弱そうなファーンスワースに魔力を授けて勝たし、大金を儲けたのだ。しかも、カンサス・シティ・マック(ジョン・エンモス)とビギー・スモール(カルヴィン・ロックハート)という暴力団ギャンブラーを相手にしたのだ。6週間後。新築されたロッジの新ビルが完成し、会長のエルダー・ジョン(オシー・デービス)が披露式を行った。その時、マックが現われ、クライドとビリーに、もう1度ファーンスワースに魔力を与えてストリート・ブラックと試合をさせ、その試合直前に魔力を解くように脅迫した。マックはブラックに賭けて大儲けしようというのだ。2人は再びそれぞれの妻を連れて、ニューオリンズに乗り込んだ。そして、妻たちを使ってマックの裏をかき、今度も大儲けしてしまうのだった。

作品データ

原題
Let's Do it Again
製作年
1975年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?