縛り首の木|MOVIE WALKER PRESS
MENU

縛り首の木

1959年2月20日公開,107分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「西部の人」のゲイリー・クーパーと「女の一生」のマリア・シェルが顔をあわせて共演する西部劇。監督は「カウボーイ」のデルマー・デイヴス。ドロシー・M・ジョンソンの原作を「追撃機」のウェンデル・メイスと、ハルステッド・ウェルズが共同脚色し撮影は「追憶(1957)」のテッド・マッコード。音楽はマックス・スタイナー。他に出演するのは「B52爆撃隊」のカール・マルデン、ジョージ・C・スコット、新人ベン・ピアザ、カール・スウェンソン等。製作マーティン・ジュローとリチャード・シェファード。テクニカラー、スタンダードサイズ。1959年作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

長身の医師ジョー・フレイル(ゲイリー・クーパー)はひとり新興の金鉱地モンタナのスカルクリークにやってきた。そしてちょっとした盗みを働き町の顔役フレンチイ(カール・マルデン)に肩を射たれた若者ルーン(ベン・ピアザ)を救った。フレイルの召使となったルーンは、過去を隠した孤独なフレイルの身の上を不思議に思った。ある日、スカルクリークに来る駅馬車が強盗に襲われ、暴走した馬車に残った女の乗客1人をのぞいて客がみな殺しになる事件が起こった。探索隊が出され、フレンチや、彼に顔はまだ知られていないルーンもこれに加わった。見つけ出された、スイスからこの地にやってきた女エリザベス・マーラー(マリア・シェル)は、激しい太陽光線に顔を焼かれて半死半生の状態だった。フレイルとルーンは彼女をひきとって治療につくした。やがて快方に向かった彼女に、フレンチイが手を出したが、彼はフレイルに殴り倒された。陽に焼かれた目も全快し、エリザベスはフレイルを思慕するようになっていた。しかしフレイルは何故かこれを拒んだ。彼女はルーンとともにフレイルの家を出てフレンチイと組んで金鉱採掘をはじめた。実はその資金は、密かにフレイルが出しているのを彼女は知らなかった。採掘ははかどらなかった。ところがある暴風雨の日、倒れた巨木の根元から輝く大金鉱脈が発見された。夢を実現させたフレンチイは狂喜して酒に酔い、かねて狙っていたエリザベスに襲いかかった。来合わせたフレイルの拳銃が、フレンチイを即座に葬った。この時、フレンチイの振舞い酒に酔った群衆がフレイルを襲った。彼は山頂の縛り首の木にかけられる危機に追いこまれた。その彼を救ったのは、金鉱の権利を放棄して彼の助命を求めたエリザベスだった。昔、兄と不貞を働いた妻を自殺させた過去をもつフレイルも、今はエリザベスの愛をうけ入れることに心を決めるのだった。

作品データ

原題
The Hanging Tree
製作年
1959年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース
上映時間
107分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?