武士の家計簿:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
武士の家計簿

武士の家計簿

2010年12月4日公開,129分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

堺雅人、仲間由紀恵を主演に迎え、磯田道史の歴史教養書「武士の家計簿『加賀藩御算用者』の幕末維新」を映画化。激動の幕末で、“算盤さむらい”と呼ばれ、加賀藩の算用者として財政に関わる下級武士と、その妻とが慎ましく生きる姿をつづる。久々の時代劇となった森田芳光監督ならではの人間味ある描写にホロリとさせられる。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

武士の家計簿

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

会計処理を専門に行う、算用者として代々加賀藩の財政に携わってきた猪山家八代目の直之。ソロバンを使って算術の才能を発揮するが、天保の大飢饉などで藩の財政状況はあまり芳しくない。加えて、身分が高くなると出費が増える問題にも頭を抱えていた。そんななか彼は、家財道具を売り払い、借金の返済にあてることを決心する。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2010年
製作国
日本
配給
アスミック・エース=松竹
上映時間
129分
製作会社
「武士の家計簿」製作委員会(アスミック・エースエンタテインメント=松竹=北國新聞社=電通=ティーワイリミテッド=Yahoo! JAPAN=テレビ朝日=衛星劇場=住友商事=金沢経済同友会)(制作 エース・プロダクション/制作協力 松竹京都撮影所)

[c]2010「武士の家計簿」製作委員会 [c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?