ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ

2010年11月5日公開,98分
R15+
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ビートルズ結成前の若き日のジョン・レノンを描いた青春映画。厳格な育ての親と自由奔放な生みの親という、2人の母を巡って葛藤し、成長していく青年の姿を映し出す。現代アート界で活躍する女性芸術家サム・テイラー=ウッドの初長編監督作で、監督と23歳下の主演アーロン・ジョンソンはプライベートでもパートナーだ。

予告編・関連動画

ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1950年代のリヴァプール。生意気で問題児のジョンは、厳格な伯母ミミに育てられていた。伯父の葬儀の後、実の母ジュリアが近所に住んでいることを知ったジョンは彼女の家へと向かう。伯母とは対照的なジュリアと過ごす時間は新鮮で刺激的だった。やがてジョンは、彼女の自由な考え方に影響され、音楽への憧れを膨らませていく。

作品データ

原題
Nowhere Boy
映倫区分
R15+
製作年
2009年
製作国
イギリス
配給
ギャガ
上映時間
98分

[c]2009 Lennon Films Limited Channel Four Television Corporation and UK Film Council. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2010/10/12

    若き日の、私たちの知らないジョン・レノン。
    何と言っても、撮影当時19歳だったアーロン。
    この役を演じるにはちょっと育ち過ぎちゃった?
    や~10歳当時の演技を知っているだけに、複雑です。
    まぁ、それは、ポールの方にも言えるけど、彼はそのまんまですねぇ。

    複雑な生い立ちを持ち、けっしてお行儀の良い生活を送っては居ないジョン。
    世界中の不幸を、自分だけが背負ったような気持ちになっている甘えん坊の坊やね。

    でも、愛されていて、仲間が居て、才能が有って。

    そして世界のジョン・レノンになった。

    彼が演奏するたびに、それを熱く見つめて加わっていくメンバーが微笑ましかった。

    そして最後に、親か保護者か・・と言うところで両方・・と応えた彼にミミ伯母さんと一緒に泣きました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告