ジェニファーズ・ボディ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ジェニファーズ・ボディ

2010年7月30日公開,102分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「トランスフォーマー」シリーズのミーガン・フォックスが、男を惑わすセクシーで危険なヒロインに扮したサスペンス・ホラー。小さな田舎町を舞台に、殺人事件が起こるたびに美しくなっていくナゾめいた女子高生と、彼女の幼なじみの少女の葛藤を描く。共演は「マンマ・ミーア!」のアマンダ・セイフライド。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

学校中の男子の憧れであるジェニファーと、彼女とはまったく正反対で地味なニーディは幼なじみ。ある晩、ライブを観にバーへ出かけた2人は火事に遭い、離れ離れに。その日を境に、ジェニファーは急激に美しくなるが、それと同じくして凄惨な殺人事件が続発するように。彼女の異変に気づいたニーディはなんとか止めようとする。

作品データ

原題
Jennifer's Body
映倫区分
PG12
製作年
2009年
製作国
アメリカ
配給
ショウゲート
上映時間
102分

[c]2009 Twentieth Century Fox [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2010/8/19

    本国で酷評を受けながら、ミーガン・フォックス人気で日本公開された本作。

    まぁ、米国で酷評されても、ヨーロッパや日本んではウケる映画もある訳で。そこは細かく捉えなくても良いと思いますが、まぁ普通にB級のホラー映画です。
    酷評されたのもミーガンのゴシップと捉えられるんどえはないでしょうか。
    でも、主人公はこちらも売り出し中のアマンダの方だと思いますけどね。

    何にせよ、この監督、女の子を玩具的に描くのが得意なようで、彼女たちを楽しむシーンはバッチリです。
    男性陣はとことん魅力的じゃない。

    辛辣な女の友情の複雑さはリアルだし、酷評されるほどではないと思います。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    じぇふりぃちゅうぶ

    2.0
    2010/8/10

    「トランスフォーマー」のヒロインのミーガン・フォックスが主演だし、ホラー映画でもあるので観たが、正直言って今イチであった。

    お話は、処女と偽ったイケイケ女がサタンに捧げる生け贄とされた結果、悪魔の力を手に入れ男を女の魅力で誘っては喰い殺すと言う物。

    血とかは結構流れるし、ワイヤーワークも有るが、怖いとは1度も思わなかった。

    ワイヤワーク自体も平凡で、無理して使う必要性を感じなかった。要は映像的に凄い!と思える物が無かったと言う事。

    また主人公の女優のどちらに重点を置いて演出しているのか?ハッキリしない。クレジット上の主演はミーガン・フォックスと言う事になっているが、主体的に行動しているのは「マンマミーア」のアマンダ・セイフライドとしか観えない。

    百合族の人なら喜べる様なシーンも少ししか無いし、ホラーとして怖くなく、エロとしてエロくなく、かと言ってコメディ映画でもアクション映画でもない。

    どれを取っても今イチで、映画を撮るに際してポイントを絞り込めていないと言うのが正直な感想。

    レンタルで観れば充分!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告