塔の上のラプンツェル|MOVIE WALKER PRESS
MENU

塔の上のラプンツェル

2011年3月12日公開,101分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

グリム童話の髪長姫をモチーフにした、ディズニー発の新たなヒロインが登場。お尋ね者の大泥棒との出会いから、見知らぬ世界へと足を踏み出していくヒロインの冒険が繰り広げられるアドベンチャー。世渡り上手な泥棒と、世間を知らなすぎる主人公が次から次へとおかしな騒動を巻き起こすさまを、ディズニー伝統の手法を用いて描く。

予告編・関連動画

塔の上のラプンツェル

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

深い森に囲まれた高い塔の上で暮らすラプンツェルは、自由に操れる長くて不思議な髪を持つ少女。18年間、一度も塔の外に出たことはなく、母親以外の人間とも会ったことはなかった。彼女はいつしか誕生日になると遠くの空に浮かぶ神秘的な灯りに思いをめぐらせるように。そんなある日、塔にお尋ね者の大泥棒フリンが侵入する。

作品データ

原題
TANGLED
映倫区分
G
製作年
2010年
製作国
アメリカ
配給
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
上映時間
101分

[c]Disney Enterprises, Inc. All rights reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    5.0
    2020/7/29

    ディズニー映画です。
    久しぶりに満点をあげられる映画でした。

    そのままディズニーランドのアトラクションにできる作りになっています。
    平日なのに、子供がたくさん来ていて満席状態。

    しかし、私が観たかぎり、「親による子供の虐待」が影のテーマに据えられていると感じました。

    このまま「背面交流」の教科書としてでも使える作りになっています。

    だから、シナリオライターは絶対に心理学を学んでいるに違いないと感じた次第です。

    親から子供へ、暴力のかけらも見当たらない映画ですが、しかしこれは虐待がテーマ。

    なので、虐待されて育った過去を持つ大人にとっては、せっかく忘れていた過去を記憶の底から賦活させられて、大変辛い思いをするかも知れません。

    もちろん気がつかずに涙を流してカタルシスを感じるだけかも知れませんが。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2011/4/8

    「ダンボ」「バンビ」「ピノキオ」etc.小さい頃からディズニーアニメに浸っていた脳味噌は未だに夢の世界への誘いを断ち切れません。本作はシンデレラよりは白雪姫寄りかなと・・・
    いずれにしても御伽噺ラインまっしぐらの正統派。
    文句無くディズニーの次世代ヒロイン誕生でしょう。
    但し、ストーリーはチョイと子供達には難しいかも。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2011/4/6

    ディズニーアニメのプリンセスの動きやセリフって、大げさでありえないって思って居たけど、今日見ていて、『エリザベスタウン』のキルスティン演じるクレアを思い出しました。

    可愛いんです。表情の動きが。
    ヒロインのペットとしてはラブリーさに欠けるけど憎めないカメレオンとか、格好良い王子様用にはなれそうに無いけど頼もしい白馬とか。
    夢を語るいかつい盗賊たちなんかのギャップも、ディズニーらしい♪

    ダム(?)の決壊は津波を思い起こさせるけど、ディズニーだから、ハッピーエンドって解っているしね。

    めでたしめでたしの最後のオチも聞いていて微笑ましくなりました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    4.0
    2011/4/5

    幼い日に見た「白雪姫」や「バンビ」に始まりずーーっと同じキャラクターデザインを貫いていることに安堵感があるのは確かです。
    昔々は膨大な量のセル画を使用したのが、いくらこのほうが美しい映像になるとはいえCGになってしまったことを実は残念に思っています。
    今流行りの3D映画は余り好きじゃないし、字幕で台詞を追うのが嫌で気に入った作品は吹替版で見直すことがあるので、今回は2D吹替版で見ました。
    棒読みみたいな声優さんにがっかりしてしまわないか心配でしたが、杞憂でした。そう言えばディズニー作品の声優さんに不満を持った経験は少ないですね。
    キャラクターでは、最初は敵方だったはずのお馬さんが一番お気に入りです。
    他愛のないストーリーですが、見終えて幸せな気分で席を立てました。

    追伸:「作品情報」に吹替版のキャストも加えていただけると完璧なんですけれど。。。

    違反報告
  • rikoriko2255

    亀戸大根

    4.0
    2011/3/30

    ありきたりのようでいて女子の心をぐっとつかむ脚本が良い。キャラクターが自然体で魅力的。美しいアングルにこれでもかというCGの作りこみ。サブキャラ達は細かい芸で笑わせてくれて(日本製アニメっぽいけど…)。

    劇場のお子様たちも集中してました。

    個人的には3Dメガネは色が暗くて目が疲れるので、イヤなんすけど、3Dならではの映像ですね。

    いい話でした!といえる一本です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    5.0
    2011/2/17

    不思議な力を求める人の欲が、人の人生を奪ってしまう。
    そう、ラプンツェルは不思議な力を持っていたために18年もの間、塔の中に閉じ込められてたんです。
    でも好奇心と勇気を持って、塔の外の新しい世界へと飛び出していき、さまざまな経験と冒険をするという.............。

    ストーリーにはひきこまれ、ミュージカル風になっているので音楽もすご~くいいです。
    ディズニーランドのワンマンズ・ドリームの長い版というかなんというか...........。

    3D効果もかなりありました。
    いつもは真ん中かもっと後ろに座るんですが、今回はかなり前の方。
    ちょっと心配してたんですけど.....................。
    この映画がそうなのか、3Dは前がお勧めなのかはわかりませんが、今回は自分の目線がちょうど地面で、地面から上を見上げてグ~ンっていう感じがとてもGOODでした。
    毎年ラプンツェルの誕生日になると上げられていた不思議な光も、その角度からだったのかとてもきれいでしたよ。

    そうそう、いつも一緒にいたカメレオンのパスカルはかわいかったな~ぁ。
    白馬のマキシマスもお茶目でとても可愛くって、面白くって.............かなり笑わせてくれました。
    そして感動もあり、涙もしましたよ~~~~ぅ。

    笑って感動して涙して、可愛くって強くってアクション満載で、ディズニーランドで一日過ごした様な満足感!
    大人から子供まで、十分楽しめます。お薦めです!!

    違反報告