Re:Play-Girlsリプレイガールズ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

Re:Play-Girlsリプレイガールズ

2010年8月1日公開,94分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

自殺サイトに集まった女子高校生たちが、再生を願い死のゲームに挑むサバイバル・アクション。監督は、本作が長編初監督となるYuki Saito。アクション監督は、「片腕マシンガール」の鈴村正樹。出演は、「白日夢」の大坂俊介、アイドリング!!!メンバーで「あばしり一家 THE MOVIE」の外岡えりか。

予告編・関連動画

Re:Play-Girlsリプレイガールズ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ミチ(外岡えりか)は親友からイジメを受けたショックで、自殺サイトに書き込みを始める。死んで全てをやり直したいと願うミチは、“REPLAYしますか?”という画面上の問いかけに躊躇なく“はい”と答える。こうしてその自殺サイトに、12名の自殺志願の女子高校生たちが集まる。親友をイジメで失くしたアリサ(佐武宇綺)、失恋したリオ(小泉麻耶)、そしてミチの親友だったハルナ(佐藤さくら)の姿もそこにはあった。彼女たちは、自殺ゲーム“リプレイガールズ”に強制的に参加させられることになる。どこかわからない孤島に連れて来られたミチたちの前に、自殺案内人を名乗る男・実原(大坂俊介)が現われる。実原は部下の小暮(田原イサヲ)に、遺書と自殺道具を彼女たちに渡すよう命じると、明日の朝までに自殺するよう告げる。キャンセルはできないゲームに身を置くことになった少女たちは、次第に友情を芽生えさせ、生きていくことへ希望を見出し、生きるための戦いを始める。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2010年
製作国
日本
配給
タケヤCMJ
上映時間
94分

[c]アドウェイズ・ピクチャーズ [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?