まほろ駅前多田便利軒|MOVIE WALKER PRESS
MENU
まほろ駅前多田便利軒
まほろ駅前多田便利軒

まほろ駅前多田便利軒

2011年4月23日公開,123分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • unext
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第135回直木賞に輝いた三浦しをんの同名小説を、個性派俳優の瑛太&松田龍平の共演で映画化した人間ドラマ。東京郊外の“まほろ市”で便利屋を営む男と、そこに転がり込んできた同級生のコンビが、さまざまな事件やワケありな依頼人たちの家庭事情に巻き込まれていく。監督は『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の大森立嗣。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ある年の正月、まほろ市で便利屋を営むバツイチ男の多田は、ひょんなことから中学時代の同級生・行天と再会する。事情も話さず「泊めてくれ」と頼む行天と、多田は奇妙な共同生活を送ることに。依頼をこなす2人の前に、自称コロンビア人の娼婦や裏社会の若きボス、生意気な小学生などが現れ、2人はある事件に巻き込まれていく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
アスミック・エース
上映時間
123分

[c]2011「まほろ駅前多田便利軒」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • いばらひめ
    いばらひめ
    4.0
    2021/4/5

    やる気のないぼんやりした2人組かと思いきややることなすこと独特、引き込まれる世界観。最後まで目が離せない!

    違反報告
  • seapoint
    seapoint
    4.0
    2013/5/20

    TVの再放送で知り、TVの前に映画があったことを知り、DVDを借りる。

    TVの放送がとても面白く、原作を読み、映画があったとはずいぶん遅い流れだが。

    主演2人が良い!どちらかが欠けると成立しない。役者の演技力を感じる。都会でもないかつ、景色を彩る田舎でもない、本当に平たいロケ設定だからこそ、演技が光るのである。本当に2人の空気間が良い。

    映画よりTVの方がより質がupしたのは事実。衣装にしてもイメージを固定でき、事務所も趣向を凝らしている。
    松尾スズキや大森南朋、岸部一徳の配役も巧い。

    TVは30分だからこそ、内容が凝縮され、完結されている(7話が抜群)。
    ともあれ、安心する。彼らを見るとほっとする。
    TVでも映画でも続編を望む。

    原作をダメにする映画やTVが多いが、これはよりキャラクターを膨らませた。そうそうない、レア作品。満足。

    違反報告
  • ミチさん
    ミチさん
    4.0
    2011/5/2

    できるか、できないか?日本版ハードボイルド。
    探偵ではなく、便利屋にしたところがミソ!探偵じゃ、犬のお散歩は頼めないし・・・。
    日本でアメリカ流のハードボイルドができないのは、銃が持てないせい?ということでクルマも思いっきりダサくして、「待ちの便利屋」という具合。唯一調査らしきは、横浜中央バス(神奈川中央バスのもじりでおます)が本数を減らして運行していないかどうか、調べることくらいかな???
    『阪急電車』と同じようなテイストで、登場人物が皆ハッピーになる、ゆるいお話。ヤクザも警察も出てくるんだけど、なぜか優しいんだよね。
    ただ、映像的には、海や川を入れて、外の世界を暗示しないと、しまらないんだよね、たいてい。それで基地を持ってきたと思う。軍用機の撮影は難しかったと思うけど。
    瑛太は、相変わらず優等生っぽいんだよね。龍平も相変わらずで髭が汚らしくて、ボソボソ声なんだ。これで映画になるか心配したんだけど、やはり二人共たいしたものだねえ。一応サマになっていた。おそらく瑛太は代表作だみたいに言われるだろうね。私としては、もっと成長して(=変わって)欲しいけど。
    龍平はあれで、女性にモテると思っているのかなあ・・・。
    そうそう冒頭のお話。30代の男性って、一応実績みたいなのがあるでしょう?仕事でも家庭でも。でも、これで本当に良かったのか、悩むんだよね。人生リセットできるかな?あなたは?

    違反報告
  • barney
    barney
    3.0
    2011/4/14

    内容的には何これって感じもするけど、それぞれいろんな家庭の事情があり、みんな頑張って生きてるって感じ!?
    フッと笑えるところも結構あったけど、地味でゆるい映画!!

    行天は悪ぶってるけど、実はとっても優しいやつ。
    多田は基本真面目なんだけど、自分の殻に閉じこもってる感じで.............。
    無言でいる場面も多く、2人の空気感がすばらしい。

    女からすればイライラするが、この空気感が男なのだろうか???
    なんか少し男の気持ちがわかるような映画だ。

    違反報告