コクリコ坂から|MOVIE WALKER PRESS
MENU

コクリコ坂から

2011年7月16日公開,91分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

宮崎駿が企画&脚本を担当し、『ゲド戦記』以来、5年ぶりに宮崎吾朗が監督を手がけた、同名漫画が原作のスタジオジブリによるアニメ映画。1963年の横浜を舞台に、16歳の女子高校生・海の恋愛模様や友情を通して、まっすぐに生きる高校生たちの青春を描き出す。海役を長澤まさみ、彼女が好意を寄せる少年・俊を岡田准一が演じる。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1963年、東京オリンピックの開催を目前に控え高度経済成長が始まろうとしていた時代。古いものは壊され、新しいものがすばらしいと信じられていた。16歳の少女・海が通う横浜の高校では、明治時代に建てられた由緒ある校舎の取り壊しを巡って、小さな紛争が起こっていた。その紛争の中で海は、17歳の少年・俊と出会う。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
91分

[c]2011 高橋千鶴・佐山哲郎・GNDHDDT [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2011/9/2

    なかなかタイミングが合わず漸く観ることができました。
    話しは青春ドラマ仕立で“本”はとても良く出来ています。故にアニメ化した意味が分かりません。
    この“本”なら絶対に実写化するべきです。これだけCGやクロマキーが発達しているのですから、「ALWAYS」を超える名作が出来るはずです。
    自分は横浜育ちで丁度作中の弟ぐらいの世代ですから雰囲気は良く分かります。が、映像的には1950年代前半に思えます。1963年の横浜臨海山手エリアはもう少し近代的&お洒落だったと思います。何よりも、道路舗装の進捗状況や登場する沢山の自動車が年代的にズレている様な気がしました。
    画もメインキャラ部分や焦点部分は丁寧に描かれていますが、風景・背景・衆人・脇キャラはかなり粗いというかラフに描かれている感じです。ノスタルジーを狙った技法なのかもしれませんが、全体的には切れ味の悪いアニメに見えてしまいました。
    「紅の豚」好きとしては、奇想天外・荒唐無稽でファンタジーやSFやアドベンチャー等々の素敵な非現実世界に連れて行ってくれるのがアニメだと思っていますので、ヒューマンドラマは是非実写で観たいと思います。

    違反報告
  • rikoriko2255

    いろ

    4.0
    2011/8/12

    CMや友達からの話だと、微妙なんだろうなぁって思ってたけど、観てみたら感動しました。私は、CMの印象とは違うイメージの作品と感じ、観てよかったし、よい作品だと思いました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2011/8/11

    私なんかの親世代の青春時代よね。
    確かにあの時代、戦後のどさくさで何もかも不確かな中、辻褄あわせに曖昧なまま蓋をした事は沢山有ったんだろうな。
    それが、まぁ彼等にとっては大問題と成るんだけど。

    こう言う熱い高校時代、良いよねぇ。
    やっぱり一番輝いている時だと思うの。
    大人に守られた中での自由と不自由。
    その中で、何でも出来る気持ちになっている。
    全てが思い通りに行くわけじゃない・・と言うことに薄々気が付きながらも。
    だから、大人は、そう言う気持ち守ってあげたいじゃない?
    今だけなんだから。

    そういう懐の大きな大人が居て、嬉しいね。

    親を亡くすと、子供は大きな拠り所を失う。
    不動であるはずのものを失うからね。そして歯を食いしばって頑張るんだ。
    そうして戦後今の日本を作ってくれたんだろうけど。

    ああ言うけなげな子供たちジブリは好きよね。

    それにしても、あの生徒会長は格好良すぎる。冷静沈着で、行動的で、気配りできて、紳士。
    ありゃあ、もてるだろうねぇ。

    でも今回のジブリは小さなお子様向きじゃないですから。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    Orca

    5.0
    2011/7/31

    宮崎駿作品を映画館で観るのは二本目です。
    横浜が舞台らしいので是非観たかったのですが、以外に低い評価で観るかどうか少し迷いました。
    バスのナンバーが 神 になっていたりして何回も観ると味わいが深い作品なのかも知れません。
    この作品は震災前から企画されてると思うのですが、上を向いて歩こう が使われていたりして今の社会情勢に合ってる感じたりもします。
    それに私はアマチュア無線クラブに所属していたのですが、アンテナがあったりして嬉しく観ることが出来ました。
    年代的には私よりかなり上なのですが、今の高校生くらいの方が鑑賞して楽しめるのかは不明です。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    kin_chan

    5.0
    2011/7/29

    主人公の海(メール)は下宿屋の切り盛りをしながら高校通学。本当によくやっていると感じました。

    学校は私学なのでしょうか、明治時代からの由緒ある建物を部室(通称カルチェラタン)として使っているが、老朽化で取り壊しの危機に。
    海と取り壊し反対運動の中心核・風間との関係にはらはらさせられます。
    太平洋戦争でみなしごになった子を引き取って育てるってことが普通だった時代なんですね。

    海たち女子高校生たちのカルチェラタンの大掃除、理事長への直談判などの行動力に感激します。

    海や風間の父親たち3人の友情にも感激です。

    結末は劇場でお楽しみに・・・

    違反報告
  • rikoriko2255

    armada

    4.0
    2011/7/20

    試写会で観てきました。会場には、定員以上の人がやってきていました。当選しても来ない人がいるので、試写状は多めに出すものだと思いますが、こういうことが起こるということは、この作品に対する皆の期待が伺えます。ジブリ、恐るべし。
    さて、作品の方は、クラシックな日本映画を観ているような感覚。覚悟していましたが、相当地味です。ジブリ=胸躍る冒険活劇、と思っている方は回避した方が無難です。
    ただ、心配していた長澤まさみが予想以上に良かった!もう海ちゃんは、彼女以外に考えられません。感情を抑えながら、色々なモノを胸に抱えている海ちゃんにグッときました。長澤ファンは安心してくださいね(笑)。
    地味だが、観た後、気持ちのいい映画でした。背景や美術も美しく、相変わらずいい仕事をしています。小学校高学年から、おじいちゃん・おばあちゃんまで幅広く観られると思います。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    2.0
    2011/7/4

    最近のジブリっておとなしくなってきてませんか???
    それもどことなく大人向けって感じで..............。
    今回のも、東京オリンピックの時代の人向けみたいで、小さい子には飽きてしまいそうな................。
    明治時代に建てられた由緒ある建物を取り壊すべきか、保存すべきかでみんなが頑張ったことはいいんだけど................。

    海と俊の仲は運命のいたずらですか???
    ちょっと赤いシリーズを思い出してしまいました。
    でもちょっと違うか~ぁ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    さっちょ

    4.0
    2011/7/3

    今までのファンタジーと異なったジブリ映画。とっても優しい絵で1963年頃の風景を見事に描いている。ストーリーは、淡い恋あり、学生運動時代を形を変えて示し、さらに親の青春時代=戦争時代も描いているが重く暗い感じはなく、爽やかに作られていて素晴らしい。声優も全て役にぴったりでとても上手だった。ただ、主人公の海がメルというニックネームだった由来が映画ではわかりにくく、また子供にはちょっと難しい内容かも。団塊世代は自分達の青春を思い起こせる気がする。また当時を知らない世代の人も映像を通してその時代を感じられる内容で、キャッチフレーズの「上を向いて歩こう」という言葉通り、癒され前向きに進める気力を与えてもらえた。

    違反報告