あぜ道のダンディ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

あぜ道のダンディ

2011年6月18日公開,110分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

光石研がデビュー作以来、33年ぶりに主演を務める家族ドラマ。妻に先立たれた中年男・淳一と受験を控えた2人の子どもが織り成す父子愛、さらに淳一の親友・真田との友情をコミカルにつづる。素直に優しさを表現できない不器用な男のダンディズムを、オフビートに描きながら、誰もが共感できるドラマに仕上がっている。

予告編・関連動画

あぜ道のダンディ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

妻に先立たれ、大学浪人中の息子と高校3年生の娘を育てる淳一は50歳の中年男。子どもとのコミュニケーションはままならず、毎日、仕事を終えてから、幼なじみの真田と居酒屋で酒を酌み交わすのが唯一の楽しみだ。ある日、胃に不調を覚えた彼はガンではないかと疑い始める。だが、受験を控えた子どもには話せず、真田に打ち明ける。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2010年
製作国
日本
配給
ビターズ・エンド
上映時間
110分

[c]2011『あぜ道のダンディ』製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2011/7/6

    という感じでしょうか。私もお仲間のひとりですので、十分に感情移入できました。田口トモロヲが分身のようなものでいつも一緒で、愚痴を言い合っています。
    同じ日に観たのが『メタルヘッド』だったので、彼我の服喪の違いも分かりました。
    向こうはどちらかと言うと、感情の爆発が「暴力」となります。こちらはせいぜい机を叩き、大きな声を上げる位で、泣くのもアリです。やはりずいぶん違いますね。
    ファンタジーの味付けもしてあって、光石研の「うさぎのダンス」が不気味だけど笑わせます。やはりこちらの文化で良かったかな?

    違反報告