大鹿村騒動記|MOVIE WALKER PRESS
MENU

大鹿村騒動記

2011年7月16日公開,93分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

阪本順治監督が、デビュー作『どついたるねん』以来6本にわたって起用し続けている名優・原田芳雄を主演に据えて描いた人間ドラマ。長野県の山村・大鹿村に伝わる伝統の村歌舞伎を題材に、そこに関わる人々の悲喜こもごもを映し出す。大楠道代、岸部一徳、佐藤浩市、三國連太郎ら豪華実力派俳優が見せる味わい深い演技にも注目。

予告編・関連動画

大鹿村騒動記

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

南アルプスのふもとにある大鹿村で、シカ料理店を営む風祭善。彼の前に、18年前に駆け落ちして村を去った妻の貴子と幼なじみの治が帰ってくるが、貴子は脳に疾患を抱え記憶を失っていた。村では300年以上の歴史を持つ歌舞伎の公演が5日後に迫っていたが、花形役者を務める善は妻との再会に心を乱され、芝居を投げ出してしまう。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
93分

[c]2011「大鹿村騒動記」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    4.0
    2020/8/12

    レビューの高評価をたよりに、なんの予備知識ももたずに観てきました。

    実在する長野県の村歌舞伎が舞台です。
    ストーリー自体は、ちょっと痛いので、ホントは★★★でも良いと思ったのですが、演者たちの努力(特に本作が遺作となった原田芳雄)に報いる意味で、★★★★とします。

    群像劇っていうのかな?
    とりたてて太いストーリーがあるわけではなく、道端の野草の花を楽しむように、一つ一つのシーンを楽しむ映画か、と思ったのでした。

    ただ、目をひそめる存在が「性・不同一症」の子。
    いなくて良いだけでなく積極的に不愉快な存在で、なぜこのような存在を映画に入れねばならないのかと思ったのであった。

    「吉本・ジャニたれ・釜・韓流」抜きで、ちゃんとまともなシナリオが作れないのかねぇ。

    日本の映画業界って、ホント情けないと思います。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    澄麗

    5.0
    2011/7/31

    面白かった~!
    ホント、笑えた!
    歌舞伎の内容はイマイチ分からなかったけど^^;

    作り手達の“やりたかったことをやりました”感が伝わってくる映画でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    5.0
    2011/7/27

    タイトルを付けるとしたら、こうなるか?
    作品解説も野暮だけど、この作品はプロの役者が演じる、素人歌舞伎で、我々は、原田芳雄が演ずる善さんが演ずる素人劇を観る訳です。しかも観衆はちゃんといて、この人たちは、実際に毎年行われている素人歌舞伎を観続けている地元の人たち。ということだから、「よう○○、いつもやっている素人の××より下手だなあ。」なんて野次がかけられかねない状況での芝居です。これは、百戦練磨の兵(つわもの)どもとしても緊張するでしょうねえ。
    そういう状況をわざと選んだ、監督、役者さん、スタッフにまずご苦労様と言いたいですね。
    さて、他のレビューでも言っているので繰り返しませんが、映画俳優と歌舞伎役者とは、似ているようで違います。同じスポーツでも競泳と陸上くらい、野球とサッカーくらい違います。しかしながら同じ”芸”ということで言えば、共通項が見えてくるではありませんか。
    脇役の中では、岸部一徳がバツグンに良いですね。この人は警察や役人の汚職とかやらせるとうまいのですが、今回は道化になり切って、この人が出てくるだけで場内から笑い声が・・・。素晴らしいです。そして他の役者さんたちも問題なく千両役者揃いで迫力満点です。(あの「松たか子」が新人女優に見えるくらいです。)
    その中での原田芳雄を悼みます。日本映画界は本当に大切な人を失いました。バカという表現は故人であれば、許してもらえるでしょう。徹底した「追究者」としての役者バカです。残念です・・・。

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    5.0
    2011/7/19

    何ていう映画を作ってくれたんでしょう!
    登場人物にはそれぞれ深刻な問題があるけれど、各キャラクターはまじめに真剣に生きています。そしてそれがどういうわけか見ていると滅茶苦茶おかしいんです。
    問題が解決された訳ではないのに、見終える時には心は満たされています。

    7/20.21:48追記
    今頃になって原田芳雄さんの訃報を知りました。
    報じられている亡くなられた時刻の頃は丁度早朝の上映でこの作品を楽しんでいました。偶然とはいえ余りのめぐり合わせに言葉もありません。
    何も知らない時に「五つ星」と選べた作品であることが救いとなっています。
    ご冥福をお祈りしております。

    違反報告