貞子3D|MOVIE WALKER PRESS
MENU

貞子3D

2012年5月12日公開,96分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

鈴木光司の小説を映画化し、Jホラーブームを巻き起こした『リング』シリーズ。同作に登場する最恐ホラーヒロイン、貞子が満を持して復活し、人々を死の恐怖に陥れる。石原さとみが恐怖におびえる女子高教師に扮するほか、その恋人役で瀬戸康史がシリーズ初出演。監督は『高校デビュー』の英勉。

予告編・関連動画

貞子3D

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

動画サイトに自殺を生中継した映像が投稿され、それを見ていた人も死んでしまったという話がウワサに。それは茜が教師として勤める女子高でも話題になっていたが、ある日、茜の教え子の典子が不可解な死を遂げる。同じような不審死は各地で続出するようになるが、一連の事件の裏には“貞子復活”を企む柏田という男の存在があった。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
日本
配給
角川映画
上映時間
96分

[c]2012『貞子3D』製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    barney

    1.0
    2012/10/13

    onlineだから3Dじゃないけど、別に3Dじゃなくても......................。
    今回はニコ動なんて、現代らしい!
    でもそのせいか、なんか不気味さがなくなってるような~~~~ぁ。
    貞子じゃなくて、着信アリっぽい。

    呪いというより、あの貞子の姿はエイリアンじゃ~ん。
    なんか今回の目的もよくわからず、エンディングの最後観たらまだ終わってないし..................。
    もう終わっていいよって感じでした。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    モントーヤ

    2.0
    2012/5/27

     一言で言うとアトラクション映画。いわゆるJホラー的な恐怖は一切排除して、3D映像や音量を使ってひたすらびっくりさせる。後ろから近づいてワッ!って何回もやられるような、お化け屋敷的な感じでした。これまでのリングシリーズの延長を期待して見に行くと完全に裏切られます。
     後半からはフロムダスクティルドーンばりに観客を置いてけぼりしたクリーチャー映画に変わります。やりすぎていて笑いが止まらなくなってしまいました。
     リングシリーズの良かった点であるその時代のツールと口コミを使った終わりがない不気味な恐怖感。これはネットの動画という形で継承してみたもののそのきっかけとなった柏田の動機の希薄さや拡散の条件のわかりづらさで消えてしまいました。
     主人公の茜に関しても特殊能力があることがあまりにも唐突です。しかも今時"イヤボーン”で全て解決してしまうため緊迫感がなかったものも残念です。。
     もう貞子というキャラクターは記号化されてまいすぎて本来の不気味さは無くなってしまった、本当にシリーズは終焉してしまったんだなという寂しさがこみ上げてきました。
     いわゆる「リング」シリーズの続編と思ってみた方には噴飯ものですが、お化け屋敷アトラクション映画としてみればよくできているところもあるので今回は☆2です。

    違反報告