わが母の記|MOVIE WALKER PRESS
MENU
わが母の記

わが母の記

2012年4月28日公開,118分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime
  • unext
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

作家・井上靖が自身と家族との実話をベースにつづった自伝的小説を役所広司主演で映画化した家族ドラマ。幼少期の出来事により母親との間に大きな溝を抱える中年作家と、年老いて記憶もあいまいな母親との関係を中心に、家族の深い絆が描かれる。母親役の樹木希林、主人公の娘役の宮崎あおいなど、実力派の共演が物語を盛りたてる。

フォトギャラリー

わが母の記 画像1
わが母の記 画像2
わが母の記 画像3

予告編・関連動画

わが母の記

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

作家の伊上は幼少期に兄妹の中でただ1人、両親と離れて育てられたことから、母親・八重に捨てられたと思い、以来ずっと距離を置いてきた。だが、父親が亡くなり、長男の伊上は八重と向き合うことに。年を重ね、物忘れの激しくなった母親と過去の出来事で言い争いが絶えないようになるも、八重には決して忘れられないことがあった。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
118分

[c]2012「わが母の記」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • ホルン
    ホルン
    5.0
    2012/4/28

    もう全編樹木希林さんの独演会で良かったです。
    宮崎あおいさんもかわいい。
    女中役の真野さんも好演。
    伊豆の自然も清々しい。

    違反報告
  • barney
    barney
    3.0
    2012/4/20

    淡々と静かに進む物語で、はじめはちょっと退屈でした。
    でも樹木希林と役所広司がよかったね~ぇ。

    樹木希林は今、痴呆症のCMやってるんで、それとオーバーラップ(^^ゞ
    それにしてもあのボケ方、面白いような、ホントにボケるとあんな感じなのか?
    樹木希林の演技最高です。

    周りの優しさが素敵でした。昭和の良き時代の家庭のあり方というかなんというか。
    洪作も母との距離があっただけに、最後はあ~いう形で終われたことがとても幸せに思った。

    違反報告
  • toku69
    toku69
    5.0
    2012/4/14

    完成披露試写会にて

    もう一ヶ月くらい前に鑑賞。
    出演者登壇で、宮崎あおいさんのカワイさにヤラれました。

    認知症の侵されてゆく母とその親族の
    暖かく、ユーモアある日々。

    とにかく、演者がすべてよかった。
    樹木希林さんが、どんどん小さく丸みを帯びていく姿や、宮崎あおいさんの、少女から大人の女性になっていく変化が、もう何とも言えません。

    暗く気が重い話も、ユーモアを交えた演出でよかった。

    最後に、妻から聞かされた母の本当の気持ちを主人公が知った時、気づけば涙が・・。泣かせてやろう!というのが無かったので、不意打ちでした。

    是非、ご夫婦やご両親、ご家族で観て頂きたい作品です。

    違反報告
  • ミチさん
    ミチさん
    5.0
    2012/4/3

    作家井上靖氏は、1991年(平成3年)83歳で亡くなっている。今何故井上靖なのか、良く分からないが、古き良き時代の『家庭』を良く表している。
    父親は威張っていて、家族は家庭の為に「奉仕」することを求められる。昔は所謂「海賊版」ではないことを示す為に、一冊、一冊著作物に「印紙」を張った。これが作家の家族総出の仕事だったとは・・・。
    「印紙」がなくなって、しばらくになるが、彼ら彼女らのことを慮ってのことではあるまい。
    それにしても宮崎あおいの演技がうまい。登場時はまだ高校生だけど、それがどんどん成長していく。そして祖母との交流。今どきの若い女性だったら、まず投げ出す祖母の介護を何故か全力で取り組み、すがすがしい。
    1960年代、70年代の風俗が出てきて、まるで『三丁目の夕日』の世界だけど、制作スタッフは苦労しただろうね。当時の車やバス、カメラや小物を手配しなければならないし。こんなもの当時はなかった、と言われればそれまでですものね。

    違反報告
  • ma_maru
    ma_maru
    4.0
    2012/2/7

    幼い頃両親と離れて暮らし、親から見捨てられたと思い込む息子が大人になり、家族を持つ。そんな息子が父親の死後、母親を息子の家族に引き受けるようになる。母親との関係で愛情を感じられない息子に対して母親は日常生活での記憶をどんどん無くしていく。あるとき、母親の言葉を何気なく聞いていたら…。という話。

    とにかく、樹木希林の演じる母親像が凄いです。
    世の中には十人十色な母親像がありますが、飄々とした立ち居振る舞いをしていながらも、ちゃんと相手の行動を観察し、見下す対応をするようなものなら、釘を刺す、という食わせ物なキャラクター。
    こんなお母さんがグッと感動させるのです。本当に憎らしいくらい魅力的です。

    また、役所広司と宮崎あおいの相手の急所に触れるか触れないかの絶妙な掛け合いが心地いい。こんな父娘がいたら素敵です。
    全体的には、お母さん目線に寄り添っているので、樹木希林と同年代くらいのお母さん方はかなり共感できるのではないでしょうか。

    その証拠に本日の試写会ではほとんどの来場者はご年配の女性で会場は埋まってました。また、樹木希林のちょっとしたしぐさや突き放した態度で、ドッと笑いが出るようなところでは、お母さん方の声が会場にそこかしこにコダマしてました。

    クライマックスでの、認知症を患いながらの樹木希林の息子を思うあのセリフ…。あれは息子に向けているのではなく、自分の気持ちに向けている。そういう言葉です。そういう真実の言葉が本当に胸を打つのだな、と思いました。

    誰かに向ける言葉や態度だけでない、母親の愛情の本当の強さ、というものがこの映画に描かれています。ジーンと感動しました。

    違反報告