クロエ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

クロエ

2011年5月28日公開,96分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

カナダの鬼才アトム・エゴヤン監督がジュリアン・ムーア&リーアム・ニーソン主演で放つ禁断の愛の物語。夫を試すため、若く美しい娼婦を雇ったことから、平和な日常を脅かされる主婦とその家族の姿が描かれる。『マンマ・ミーア!』のアマンダ・サイフリッドがこれまでのイメージを覆すような妖艶な娼婦に扮し話題に。

予告編・関連動画

クロエ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大学教授の夫が教え子と浮気をしているのではないかと疑い、偶然知り合った娼婦クロエに夫を誘惑するように依頼したキャサリン。夫がどんな行動を取ったか報告を受け、事はすんだかに思われたが、クロエはキャサリンの心の隙につけ込み、恐ろしいワナをしかける。そして平和だった家族の日常はおかしくなっていく。

作品データ

原題
CHLOE
映倫区分
R15+
製作年
2009年
製作国
アメリカ カナダ フランス
配給
ブロードメディア・スタジオ=ポニーキャニオン
上映時間
96分

[c]2009 Studio Canal All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2011/6/15

    思うに、キャサリンはきっと更年期障害よね。
    孤独感と焦り。嫉妬。
    きっと、誰でもああなるのよ。
    どういう行動に出るかは人それぞれだけど。

    キャサリンの場合下手にエリートなだけにプライドと済力が有るから厄介だわ。

    凄く豪華な昼メロって感じ。

    でも、あのクロエに誘惑されたら、抵抗出来る殿方なんて居ないんじゃないかと思うわよ。

    職業を知っていれば、敬遠する人は居るかも知れないけど、普通に出会っていたら。
    それが解っているから、彼女の話を疑うことなくどんどん深みにはまっていく。
    知らなかったら良かった事なのに。クロエの罠にはまっていく。

    キャサリンの悲観する顔が、クロエはきっとお気に入りなのね。
    ドロドロから一転出来過ぎなラストまで昼メロ的だけど、何故か『ゆりかごを揺らす手』を思い出したのよね・・

    アマンダは清純派から小悪魔まで幅広く演じられる、楽しみな女優ですね。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告