三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船|MOVIE WALKER PRESS
MENU

三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

2011年10月28日公開,110分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『バイオハザード』のポール・W・S・アンダーソン監督がデュマの名作を映画化。『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』のローガン・ラーマンが主人公ダルタニアンを演じるほか、オーランド・ブルームが初の悪役に挑戦。公私ともに監督のパートナーであるミラ・ジョヴォヴィッチも出演。

予告編・関連動画

三銃士 王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

17世紀のフランス。出世を夢見てパリにやってきた無鉄砲な青年ダルタニアンは、ひょんなことから三銃士への仲間入りを果たす。やがて、王妃の首飾りをめぐる怪事件が発生。奪われた首飾りを取り戻すためイギリスへ向かうダルタニアンの前に、事件の鍵を握るバッキンガム公爵と謎の美女ミレディが立ちはだかる。

作品データ

原題
THE THREE MUSKETEERS
映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
フランス アメリカ  イギリス ドイツ
配給
ギャガ=テレビ朝日
上映時間
110分

[c]2011 Constantin Film Produktion GmbH, NEF Productions, S.A.S., and New Legacy Film Ltd. All rights reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2011/11/17

    アトス、ポルトス、アラミス+ダルタニアンで活躍の中心は中世フランス。そして大立ち回りと命がけのアクション。これだけが揃っていれば、飛行軍艦が出ようが、凄腕女スパイが居ようが、イギリスのバッキンガム公爵と敵対しようが、フランスのリシュリュー枢機卿と敵対しようが、好きにしてくれ・・・とんでもないオリジナルストーリーでも、三銃士は格好イイのです。絵本でも小説でもテレビでも映画でも、子供の頃から何種類もの三銃士と遭遇?してきましたが、いつも男のロマン“格好イイ~!”でした。もちろん本作も間違いなく格好イイ!
    俳優陣もセットもCGも・・・とにかく全部が豪華でスタイリッシュでハラハラドキドキで格好イイ!
    更には、ミラの中世姫衣装でバイオばりアクションは圧巻!一見の価値有りです。
    バッキンガム公爵の反撃開始でエンドですから、当然に続編有りの仕立です。次作は更にダイナミックな陸海空のアクション三昧になりそうでワクワクします。
    老若男女皆で楽しめる超娯楽大作!是非ご覧ください!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    3.0
    2011/11/7

    気楽に楽しめました。
    原作を基にしながら
    スケールのでかい内容になってます。
    終盤の決闘シーンはかなりの迫力もんです。
    オーランド・ブルームが初の悪役でしたが
    悪役ぶりはまだ序の口ってとこでしょうか。
    あまり出演シーンも少なかったんで
    続編から期待ですね。
    もちろん続編あるでしょ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2011/11/6

    原作は大昔からの愛読書です。
    だから幻滅してしまいたくないから実写の映画で見るのを迷いましたが、原作は元ネタ、そう思って見ることにしました。

    目くるめくスペクタクルな画面を大いに期待していたのですが、CGを含め特撮部分はセコいなと感じました。
    3Dは苦手なので、いつも通り2Dを選んで見たためなのかもしれませんけれど。

    話の展開は、今時「三銃士」を知らない世代が多いと決め付けているのか、キャラクター紹介で終わってしまったような。飛行船よりは本来の西洋版時代劇を強調する冒険活劇ならもっと嬉しいというのは年寄りの繰り言でしょうか。
    それでも衣装は豪華だし、三銃士の面々をはじめイイオトコ満載だし、何より頭を空っぽにして楽しむという映画館に向かう一番の目的は果たせたので、気分良く席を立つことができました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2011/10/28

    建物や、衣装や、景色や、悪役たちが♪

    残念なのは、アトスがちょっと頼りないところかなぁ。
    もうちょっと威厳が有って欲しいなぁ。リーダーとして。
    ミラのミレディに品が無いのも気になったけど、でも綺麗だった♪
    後、ダルタニアンね。
    初対面の年上の人に向かってその態度は無いだろ~と言う傲慢さ。
    自分が泥をはねた事に気が付かず、マッツのロシュフォールに難癖つけるなんて、何てお行儀の悪い子なんだ。
    まぁ、そういうキャラなんだけど、もうちょっとかわいげが有っても良いのになぁ・・素はもっと可愛いのに。

    その点、当時のヨーロッパ貴族の人気者バッキンガム公役のOrlandoは、貪欲なのに憎めない悪役でしたね♪
    実際彼は外交向きで、あちこちの国にお忍びで行ってましたよね。
    アンヌ王妃との恋も史実として残っているし。首飾りを贈った話も・・
    王も王妃も、映画では可愛らしかったな。

    コレは何部作になるのかしらねぇ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2011/10/22

    『三銃士』などアレクサンドル・デュマ・ペールの小説で名高い銃士(ムスケテール、Mousquetaire)及び銃士隊は、本来このマスケット(銃)を支給された乗馬歩兵や乗馬歩兵部隊のことである。(出典:Wikipedia)
    とあって、いわゆる剣士ではないようですね。
    しかし、『スターウォーズ』を始めとして、どうも斬り合いじゃないと芝居にならないので、こういう形が作られたと思います。
    おそらく西洋の方々にとって、『三銃士』は我々の『桃太郎』や『一寸法師』のような立身出世の物語として、語り継がれているのでしょうね。
    ミラ・ジョヴォヴィッチについては、『バイオハザード』を観ていないので、何とも言えないけど、当代イチのアクションスターであることに間違いはない。原作者デュマの思いをようやくかなえられるミレディーの誕生かな?

    違反報告
  • rikoriko2255

    ぼうしゃ

    3.0
    2011/10/21

     デュマの古典名作「三銃士」を「バイオハザード」のポール・W・S・アンダーソン監督が映画化した作品です。これまでも「三銃士」は映画だけでなく、アニメや人形劇までさまざまな手法によって映像化されましたが、アンダーソン監督は幾つかのアイデアをもって、長編小説を時間制限のある映画に収めています。

     ストーリーの軸は「首飾り事件」なのですが、初期設定をテンポよく紹介するためのツールとして、また追跡劇を大幅に短縮するためのツールとして、荒唐無稽とも思われる「飛行船」を登場させています。またそれをアクションの舞台として使うことで、時間と距離の大幅な短縮を行なっています。もちろん、その奇抜すぎる設定に対し、突っ込みどころは多々あるのですが、そこは西洋のチャンバラとして、広い心で見るべき作品なのでしょう。

     そして三銃士+ダルタニアンという4人に匹敵する存在感を放つのは、ミレディ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)。いささか存在感を放ち過ぎるきらいはあるものの、そこは夫である監督の手腕により多くの見せ場を創りだしています。逆を言えば、ミレディVS(三銃士+ダルタニアン)だったものが、ミレディの退場によってやっとアクション映画として成立するような感じがしなくもありません。 

    違反報告
  • rikoriko2255

    toku69

    5.0
    2011/10/19

    3D日本語吹替え試写会にて。

    どうかな~、と思っていましたが、
    面白かったです。
    ずっと以前に観た『仮面の男』の三銃士が
    自分の中で印象が強かったので、
    ギャップがありそうだと思ってたので。
    珍しく入り込みすぎて、
    途中で「あーっ(危ない)」って
    声出してしまいました。

    アラミス役のルーク・エヴァンスを
    最初、オーランド・ブルームだと思っていて、
    バッキンガム役で、本人出てきて「あれ?」みたいな。
    似てると思うので、是非検証を(笑)
    あと、ミラ・ジョヴォヴィッチも魅力的ですよ。

    今回は、吹替えだったので、
    溝端淳平さん、壇れいさんがしてますが、
    吹替えとしては違和感は特にありませんが、
    他に「ピカルの定理」メンバー全員の吹替があったみたいですが、
    どれだったのかが、まったく判りません。
    とはいえ、やはり字幕で観たかったです。

    『アバター』以来、3Dで楽しめたものが無かったのですが、
    エンターテイメントとして、楽しめると思います。
    劇場で3D鑑賞をオススメです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    5.0
    2011/10/18

    久々のヒット作品です。お勧めです。
    ミレディのアクション、いきなりすごいですよ。見物です。
    引き際も豪快って思ってたら、悪運が強いのかパート2を匂わせてました。
    きれいで知的でずる賢いいい女です。

    アンヌ王妃は若いのにしっかりしてる。それでいて控えめ。
    それにつけて王は何!?って思ったけど、意外と純情でいいやつだった。
    ダルタニアンともいい友になれたしね。

    ダルタニアンの恋の行方も気になったな~ぁ。
    飛行船での空中戦もすごかった。
    結構ハラハラドキドキしましたよ。

    で、結局リシュリュー枢機卿はお咎めなし???
    第2弾も作ってくれて観たい感じ!!

    違反報告