犬の首輪とコロッケと|MOVIE WALKER PRESS
MENU

犬の首輪とコロッケと

2012年1月28日公開,85分
PG12
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

お笑い芸人の長原成樹が初メガホンを握り、自伝小説を映画化した人間ドラマ。昭和の大阪市生野区を舞台に、ワルの道からお笑いの世界へ飛び込んだ在日コリアンの青春を、笑いと涙、アクションを交えて描く。バラエティ番組などでしばしば芸人顔負けの面白トークを展開する若手俳優・鎌苅健太が、主人公を等身大で好演。

予告編・関連動画

犬の首輪とコロッケと

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1980年代の大阪。毎日コロッケとキムチしか出さない父親に育てられたセイキは、ケンカ、カツアゲ、窃盗に明け暮れる筋金入りの不良として少年院に入れられる。出所後、友達に紹介された女性ミチコの美しさに感激し、真面目に生きることを誓ったセイキ。そんなとき、芸人志望の親友タツヤから漫才師になろうと誘われる。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2011年
製作国
日本
配給
ファントム・フィルム
上映時間
85分

[c]吉本興業 [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?