ALWAYS 三丁目の夕日’64|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ALWAYS 三丁目の夕日’64

2012年1月21日公開,144分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

西岸良平の漫画を原作とした『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ第3弾。大ヒットした1作目から監督・脚本・VFXを手がける山崎貴が、東京オリンピックに象徴される昭和39年の空気感を最新CGで再現。吉岡秀隆、堤真一、小雪など、おなじみのキャストが集結。森山未來、大森南朋など演技派ゲストを迎え、下町人情ドラマを展開する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

高度成長期まっただ中の昭和39年。東京・夕日町では、小説家の茶川竜之介・ヒロミ夫婦に子供ができ、小さな整備工場だった鈴木オートも順調に事業を拡大。人々は明るい話題で持ち切りだった。そんな中、茶川が連載している雑誌に新人作家が登場。読者の人気を奪われた茶川は、またしてもスランプにおちいってしまう。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
144分

[c]2012「ALWAYS 三丁目の夕日’64」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ma_maru

    4.0
    2012/3/5

    シリーズ第3弾目なのに、原作や旧作品を全く観ずに鑑賞。
    続き物とはいえ、話の筋がわからないことは皆無で安心して観れました。
    単純明快な王道の日本映画ですが、不思議な気分で映画館を後にしました。
    この不思議感は何だろう?と考えます。

    作品情報には、「東京オリンピックに象徴される昭和39年の空気感」
    とあります。
    私は昭和39年には生まれていないので、それは親の世代です。
    だから、懐かしいという懐古的な出来事は一切ありません。
    しかし、懐かしいと感じるのです。

    それは何なのだろうか。
    これを掘り下げると、なぜか子供の頃の記憶を思い出すのです。

    たとえば、
    みんなで集ってテレビを見たり騒いだりすることだったり。
    誰かを家族や親戚や近所の人と一緒になって噂したり、
    心配したり、隣近所と大声で喧嘩し合ったことなど。

    昔に、人とゴツゴツぶつかっていた、衝突や、
    大声で怒鳴りあったり、皆で肩を寄せ合って話合った、思いや、
    誰かの祝い事に手に手をとって喜んだ、豊かさなど。

    社会に出て大人になると、今はそういうのが見えにくい、と感じます。
    そういう状況の中でこの映画を観ると、今はないけど昔感じたことある、
    「懐かしい感覚」に触れる思いがします。

    劇場を後にして思ったのは、そういう思いでした。
    だから、話の筋としての「親が死んで子が生まれて男女が結婚にこぎ付ける」というようなストーリーの展開があっても、
    その流れ自体に大きな意味を見出すことはなかったけど、
    そのやり取りの中から「懐旧の情」が喚び起こされ、
    ただひたすら懐かしくなるのです。
    劇場を出た私は、「ああ、今はないものがここにあるなあ」、
    とぼんやりと思いました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    3.0
    2012/2/23

    シリーズ初見。
    昭和三十年代の再現。懐かしかったです。
    今だって皆一生懸命生きていますが、当時の一生懸命さとは変わってしまった気がします。
    他人の娘なのに「幸せにしないと殺す」と言い切る社長さんがカッコイイ。自分の為じゃないのに熱くなれる人って今もいるはずだけれど、絶滅危惧種になってしまっているかもしれないです。

    実は一番印象に残ったのがエンドロール。
    2時間半、ずっと社長さんが主役だと思っていたのに、ラストシーンが茶川先生だったので何故?と思い、エンドロールで再確認。主役は茶川先生だったの? そう言えば登場シーンもエピソードも茶川先生の方が多かった気はするけれど、それでも印象に残らない主役って何だかなぁ…というわけで、泣いた割りには☆3つ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    Orca

    5.0
    2012/1/31

    時代を忠実に再現してるのかも知れないが、貧しかったから将来が期待できた。今のBRICSの熱気だと思う。東京タワーの先端は最近と同じで建設当時は違ったような気がする。堀北真希さんのウェデングドレスのうなじが綺麗だった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2012/1/27

    原作とは全く違っているけど、上手く行っている例ですよね。

    懐かしい・・って言っても、まだ生まれていない時代だけど。多分親の青春時代かな。
    活気があって、思いやりがあって、古き良き時代なんだと思う。

    嘗ての子供たちも成長し、今高校生?
    将来に向かっての大きな転機を迎えている。何にでもなれて、何にでもチャレンジする自由がある。
    これからどうなって行くんだろうねぇ?彼らは。
    成長の勢いに乗れるといいよねぇ。

    洋画好きの癖に何でこの映画を欠かさず見るかって言うと、ひとえにご近所さんの須賀健太が出ているから。
    更に、私の勤務地のお得意さんなんだな。家族揃って。
    でもショッピングセンター以外で彼を見るのは久し振り。

    妹弟も可愛いし、彼も素は可愛い顔しているんだけど、ルックスは両親に似ていないんだよねぇ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    trafic

    5.0
    2012/1/25

    と思わせるような、泣きどころ満載
    まぁlastまで観ると、そんなこと忘れ
    無邪気に泣いてる自分がいました

    第一作 第ニ作をぜひ観てから、観に行かれる事をオススメします

    彼らに思い入れが半端なかったっす

    子役が大きくなっているのも感慨深い

    とてもホッコリしました

    違反報告
  • rikoriko2255

    ホルン

    5.0
    2012/1/21

    封切日の初回の3D上映を観てきました。
    原作のコミックとはずいぶん違ってきましたが、それはそれでいい感じです。
    堀北さんの六子ちゃんは可愛いですね。

    三浦友和さんも最近は、出てくるだけで調味料のように作品に味が出る感じがします。

    せっかくなので、3Dをおすすめします。

    違反報告
  • rikoriko2255

    さっちょ

    4.0
    2012/1/10

    2Dで見たのですが、上から見た東京タワーが迫力あって3Dのように立体的で凄く良かったです。もちろん当時のほのぼの温かい雰囲気の街並みも素敵!また、ろくちゃんの結婚相手の医者の噂と現実の相違や新人小説家の存在など、どんでん返しや意外って思った部分ありで、とても良い形で仕上がっていました。スローモーションって3Dで出来ないんですね。barneyさんのコメントを読み初めて知りました。生スローモーションにしたのも良かったです。高度成長期のスモッグのことも触れていたのもさっすがです。微笑む・笑えるシーンもいっぱい!どのキャストもみんなとっても役柄にはまって輝いていました。ただ、高速道路建設の様子は見過ごしていたのかわからなかったのと、電報と茶川先生の本に挟んであった父親が残した文の文字が小さくて読みにくかったのが残念。あと、芥川先生は父の思いにずっと気づかずにいたのに、同じことを淳之介にするとはちょっとショックでした。でも、淳之介はちゃんと芥川先生の思いをわかっていることを知り安心。というよりそのシーンは一番感動してウルっときました。優しいぬくもりある作品です。この映画の住民のように愛情あふれる思いをみんな持ち続けていたら、とっても素敵な世の中になる気がしました。小雪さん、赤ちゃん誕生おめでとうございます。映画では女の子・現実では男の子で別でしたが、両方ともおめでとうございます!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2011/12/22

    今回の映画は2Dと3Dがあるそうなんですが、3Dで観る感じ!?って............。
    上から見た東京タワーがぶっさす感じに見えてすごいですよ~なんて言ってましたけど............。
    3Dってスローモーションが録れないとか!!
    だからどうしてもスローモーション部分がほしいところがあって、その部分は生スローモーションでやったそうです。
    その辺しっかり観ましたが、みんな頑張って生スローモーションしてましたよ。

    2時間24分と長めの映画だったので、はじめノロい進行に疲れちゃいましたけど、スローモーシャン部分ごろから面白さも加わりだんだんいい感じになりました。
    後半は涙するところもあったりで..............。
    昭和30年代、東京オリンピックが行われた時代のころを、うまく表現できてたと思います。

    薬師丸ひろ子のお母さん役、もたいまさこのタバコ屋のおばあちゃん役、ホントにあってました。

    違反報告