しあわせのパン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

しあわせのパン

2012年1月28日公開,114分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

演出家として多くのドキュメンタリーを手がけてきた三島有紀子監督が、矢野顕子with忌野清志郎の楽曲「ひとつだけ」に着想を得てオリジナル脚本を書き下ろした、心温まる人間ドラマ。雄大な風景、食欲をそそるパンやコーヒー、地元ブランドのインテリアなど、全編にわたる北海道でのロケ映像が見どころだ。原田知世と大泉洋が夫婦役で共演。

予告編・関連動画

しあわせのパン

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

東京から北海道に移り住んだ夫婦、りえさんと水縞くん。2人は湖のほとりで小さなパンカフェ「マーニ」を経営している。水縞くんが焼くパンと、りえさんが淹れるコーヒーや料理を目当てに、今日も変わったお客さんが次々とやって来る。それぞれの想いをやわらかく受け止めながら「マーニ」の一年がゆっくりと過ぎてゆく。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
アスミック・エース
上映時間
114分

[c]2011『しあわせのパン』製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    さっちょ

    4.0
    2012/1/12

    北海道月浦の美しい自然と優しい音楽、そこに住む人の温かさ。「マーニー」に来るいろんな立場状況の人を受け止める「マーニー」の夫婦。優しいぬくもりある映画でした。
    美味しいパンや家庭的なごちそうとコーヒーはにおいまで感じそうな食べたく飲みたくなるものでした。
    大泉洋さんというと『探偵はBAR』にいるのように熱血やコメディイメージが強かったのですが、この作品では新境地(・・?)受け入れる穏やかなそして全てを理解してもでしゃばらないすっごく素敵な役で、大好きになりました。(^_^)ε^ )☆Chu 確か教員免許所持しているはず。もし先生になったとしても人気のある素敵な教師になったことでしょう。
    余貴美子さんの『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』と違った楽しい姿も良かったです。
    羊のゾーヴァや、大橋のぞみちゃんの声も可愛く癒されました。
    原田知世さんの役はとても優しい微笑みと穏やかな話し方で素敵なのに、なんで素晴らしいご主人がいるのにそんな遠い目の悲しい表情をしていたのっていう部分が残念でした。
    パンをわけあうシーンがとても印象強く、パンを購入して家に帰って夫とパンを半分こにしてコーヒーを飲みながら食べました。夫婦で一つのものをわけあって食べるのがとっても美味しく、なんだかほっと幸せを感じました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告