テルマエ・ロマエ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

テルマエ・ロマエ

2012年4月28日公開,108分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

マンガ大賞2010と手塚治虫文化賞短編賞をW受賞したヤマザキマリの異色コミック「テルマエ・ロマエ」を阿部寛、上戸彩の主演で映画化。古代ローマの浴場と現代日本の銭湯を舞台に、すったもんだの異文化交流を壮大なスケールで描くタイムスリップコメディ。古代ローマ人になりきった阿部の“シリアス”演技が笑いを誘う。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

西暦130年代のローマ。失業した浴場専門の設計技師ルシウス・モデストゥスは、気晴らしに出かけた浴場で奇妙な排水口に吸い込まれ、どこかへ流されてしまう。そこは“平たい顔族”の人々が暮らす現代の日本だった。ルシウスは、初めて見た銭湯の脱衣かご、シャンプー、フルーツ牛乳などにとてつもない衝撃を受ける。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
108分

[C]2012「テルマエ・ロマエ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    あすしんあさたいマンマ

    4.0
    2020/10/16

    個人的に、顔濃い人好きなんだな、私とめっちゃ実感した作品です(笑)。
    原作の漫画を読んでいなかったのですが、お風呂が鍵となる、タイムワープものなんて、本当によく思いつくな!
    というのが第1印象でした。
    ほんのりラブコメディー要素もあるせいか、笑いの偏りがなくて面白かったです。
    現代日本と古代ローマ、職人としてのこだわりは、いずこも変わらないものなんだろうな、とナミダが出るほど笑いながらも、しみじみ感じました。
    笑いたい方、ぜひ!

    違反報告
  • rikoriko2255

    ムービーami

    5.0
    2020/8/5

    いや〜まさか、実写化するなんて。抱腹絶倒。阿部寛はまり役。上戸彩も可愛い、ずっこけがいい。脇を支える、特にお風呂で背中を流して貰う、ヘルパーさんと間違えるおじいちゃんがツボです。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    あき

    4.0
    2020/5/29

    配役が良く、大好きな作品です。
    笑いもあり、とても楽しめました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    5.0
    2020/5/18

    ストーリー展開のテンポも良く、おもしろい!
    温泉に行きたくなる〜

    違反報告
  • rikoriko2255

    ホッパー

    4.0
    2020/5/13

    日本人なのにギリシャ人見えるところは、すごいと思った

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2020/5/9

    顔が濃い。面白い。

    違反報告
  • rikoriko2255

    5.0
    2020/5/9

    ほんとうに頭をカラッポにして観られる作品。ぼーっとしたいときにもだんな時にも笑える。

    違反報告
  • rikoriko2255

    tuki

    4.2
    2020/4/29

    テルマエロマエシリーズ好きです。笑いあり感動あり。子供たちとも楽しく見れました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    龍馬

    -
    2020/4/28

    まぁまぁかな

    違反報告
  • rikoriko2255

    さとまん

    4.0
    2020/4/26

    阿部寛の演技が最高だった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    とも

    5.0
    2020/4/25

    非現実的で面白いです(^^)

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2020/4/24

    阿部寛で正解

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2012/9/8

    とりあえず、「風呂」というキーワードで古代ローマと現代日本をつないじゃうのが凄い!
    もっとも風呂だけではなく、トイレも含め、現在の我々のトイレタリー文化が外国人にどのように受け入れられているかという視点にもなっている。
    長野オリンピックの最大のお土産が「ウォシュレット」だったという笑い話もある。また、荻上直子監督の『トイレット』も話題になりましたよね。いずれにしても、阿部寛演じるルシウスがお尻を洗うところで「ウッ」と快感の叫びを上げるところでは、全日本人が喝采するところか!
    ただ、物語上の欠点としては、タイムトラベラーが絶対に言ってはいけない言葉があり、それが残念!それは、「今年は何年?」ということで、タイムトラベルが既知の事実になっている(例えば未来社会)なら、いざ知らず、当然おかしいと思われますよね。
    例えて言えば、突然、「ここ、緯度何度?経度何度?」って聞かれたら、驚きますでしょう?そんな瞬間的に移動なんかできないんだから。
    これに対し、阿部寛が「185年」とか答えていましたが(すみません正確ではないかもしれないけど)、これは×。西洋世界であっても西暦ができるのはもっとずっと後なんです。
    この辺、例の『ゴジラ』の第1作で恐竜の時代を100万年前と言っていたのと同じ誤りですね。残念!(第2作から6000万年前に「戻り」ましたが。)

    違反報告
  • rikoriko2255

    藤光

    4.0
    2012/7/5

    意外にと言っては失礼だが、良くできた映画である。阿部も良いが、北村・市村もプロの味を出している。若い女性が自然に持っている性的エネルギーの発露が、上戸という女優を通してフィルムに定着されていたのは、特筆に値する。その一瞬のためだけにこの映画を見に行くのも良し。

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    4.0
    2012/7/2

    ある意味、滅茶苦茶な発想ですが・・・タイムスリップコメディとでも言うのでしょうか?発想的に斬新で観ちゃいました。部分的には歴史に則ってはいますが、ローマ時代のローマと現代の日本と、風呂&温泉つながりで人間が往来して大騒ぎになるは、古代に現代知識が流れ込むは、まあ、言葉の違いも無視で奇想天外です。
    風呂がテーマなだけあって、裸映像が山盛りです・・・といっても男の裸と尻がテンコ盛りですが。
    何も考えずに放心状態で観られる娯楽映画です。

    違反報告