ニューイヤーズ・イブ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ニューイヤーズ・イブ

2011年12月23日公開,125分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『プリティ・ウーマン』のゲイリー・マーシャル監督が、ニューヨークを舞台に8組の男女の運命を描き出す恋愛群像ドラマ。ロバート・デ・ニーロ、ヒラリー・スワンク、ハル・ベリーら豪華キャストが集結し、1年で最も華やかな一晩の物語が繰り広げられる。

予告編・関連動画

ニューイヤーズ・イブ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大晦日。それはいよいよ迫った新しい1年を迎えるべく人々が慌しく過ごす1日。その日、世界中で最もきらびやかな街となるであろうニューヨーク。そこで、死期が迫った病人とその看護師、1年前に出会った女性が忘れられない男、偶然再会した元カップルなど、8組の男女の運命がドラマチックに展開する。

作品データ

原題
New Year's Eve
映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
125分

[c]2011 NEW LINE PRODUCTIONS, INC. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    2.0
    2020/8/12

    この映画には、良い点と良くない点があります。

    ……そうですね。まず良い点は、ですね。
    映画のなかほどで、ライトボールの故障に際して責任者がアドリブで演説をするのですが、これが素晴らしかった。
    もちろん素晴らしいのはシナリオライターなのですが。

    で、良くない点は、ですね。

    開演からこの演説までの1時間と、この演説からエンドロールまでの1時間に、見るべきものが何もなかったという点です。

    ご都合主義の偶然ばかりが相次ぐ上に、ストーリーそのものがヘボくて退屈で死にそうでした。

    とりわけエンドロールで流れるNG集を見たなら、たとえあなたがフセイン大統領やカダフィ大佐でなくても、「米国的なもの」に対して宣戦布告したくなる人間の絶望的な気分が分かるはずです。

    いや、とにかく酷かった。

    有名人が多数出演している点に免じて★二つ。

    クリスマスイブに、わざわざお金を払って観にいった自分がバカみたいでした。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2012/1/5

    カミさんと二人で観て「正に年末にピッタリの極上豪華な映画」と納得の逸品です。
    ニューヨークに暮らす8組の男女の大晦日。悲喜交々な出来事が喜怒哀楽織り交ぜ、複雑に絡み合いながらカウントダウンに向けて加速します。軽快なテンポで各々の出来事が混乱無く描き出され、様々な形で納得?のハッピーエンドに繋がって行きます。
    ボン・ジョビをはじめ超有名スター豪華キャストで圧倒的な楽しさを与えてくれます。
    「新年は誰もが新しい幸せを味わうことができる」と言う事を優しく語りかけてくれる素敵な作品です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    4.0
    2011/12/28

    バレンタインデーに続き、中にはcastingも同じく、それぞれのドラマが進み、時に交差し展開する。日本の大晦日はどちらかというと、欧米のクリスマスのような家族と共に神聖な雰囲気になる。こちらはパーティーがあちこちで繰り広げられ、お祭りムード一色だ。
    その年を締めくくり、気持ちをリセットしてまた一年頑張ろうと希望に抱く日。まさにクレアが皆の前で言っていたことだ。ニューイヤーよりイヴの方が何だか希望に満ちている。遠足の前日のようなものか。
    これだけのcastが揃うと、それだけで楽しい。イングリットのM.ファイファーがとっても愛らしい。ブレスリン、大分大きくなりましたねぇ。ティル・シュバイガー、ここに出演か!妊婦を持つ旦那同士の小競り合いが笑える。ザック・エフロン、エンドロールで彼だったのかと遅すぎる発見。パーカーもとより、旦那プロデリック、カメオ出演してる!お二人ともニューヨーカーですもんね。スクエアガーデンでお祭り騒ぎ真っ只中、スタンとクレアが静かにボール・ドロップを見つめるのがイヴが特別な日と感じさせる。
    castにばかり目が行ってしまうが、ハッピー感が溢れ出すmovie。年明けた後よりやっぱりイヴの前でしょう!

    違反報告
  • rikoriko2255

    さっちょ

    4.0
    2011/12/22

    新年を迎えるニューヨークってニューイヤーボールがあること初めて知りました。日本と時差があるからかもしれませんが、ニューヨークの新年のことってそんなに報道もされてなかった気もするし。とっても華やかで素敵な年越しだって思いました。
    いろんな人の状況が交差するので、くるくるスピーディな場面展開で最初混乱しがちでしたが、徐々に関係性などが見えてきて、すっごく良い映画でした。
    特に、ザック・エプロンと絡んだミシェル・ファイファーが年齢に似合わずとってもキュートで可愛く見えました。あんな風に年とりたい!
    またリーミシェルの歌声も素敵。この曲って日本の「ほたるの光」の曲(・・?)って驚きました。(O_o)WAO!!
    そして「2011年は地震・震災もあったけど・・・」という箇所もあり、日本ガンバレって日本への応援の映画のようにも思われました。
    豪華キャスト、派手なニューヨークの年越しカウントダウン風景・様々な人間関係修復などストーリーも魅力的で、今年いろんなことあったとしても乗り越えて、新しい年に素敵なスタートを切ろう!って前向きになれる作品です。カップルや友人でこの映画を見て、それからイルミネーションを見て、美味しい食事をしてっていうデートや余暇に最高です!

    違反報告
  • rikoriko2255

    5.0
    2011/12/20

    恒例のカウントダウンイベントを軸に、様々な立場の人々の物語を描いているんだけど、うん。この監督だからね。
    楽しいし、泣けるし、きゅんと来る。

    死に行く人も居れば、産まれてこようとする命も。
    庶民の微笑ましい家族も居れば、大パーティーを催すセレブも。
    そういう話なので、悪役ってのは居なくて、皆微笑ましいんだ。

    私のお気に入りの子役の一人、成長したアビゲイルちゃんが女の強さを見せる可愛いラブストーリーも良い。

    この映画では、サラ演じるママ曰くの「サービスショット」も有る、すっかり成長した思春期の役を演じてます♪

    この映画、凄く笑えるけど、泣けもする。
    そんな中で、彼女が思い人セスを雑踏の中で見つけたシーン、実は一番ショッキングかも。
    ママが居た事がありがたく思えるくらい。

    その後、転んでもただでは起きない強さも見せてくれますけどね~
    すっかり「女」です♪
    男の子たちの方が幼いわよねぇ。

    戦地の前線に居る夫とモニターで話す看護しも切ない・・
    明るく親切だけの、その瞬間を凄く楽しみにしているの。

    親子ほど年の離れているザックとミシェルのステキな一日も凄く魅力的。
    実際そばに居たらウザそうなザック演じるポールだけど、地味で自信の無いミシェル演じるイングリッドにはあの位の強引さが良いのよね。ちょっと羨ましいくらい。

    でも、この映画を見たかった一番の目的は、ゲイリー・マーシャル監督作のお約束、ヘクター・エリゾンド。
    なかなか出て来ないから見落とした?って思ったけど、来たよ~超美味しい役で♪
    登場の仕方が『プリティ・プリンセス』で彼が女王たちの動きを連絡しあう時に使ってた隠語じゃん~♪って嬉しくなる♪
    そして登場した姿の冴えなさがまた・・ツボ。
    ちらりと嫌味を混ぜながら、朴訥で、頼もしくて、救世主♪くくく・・良い味出してます♪

    そしてねぇ、男女間の様々な恋愛模様の中で、泣かせてくれた・・パパの最期に間に合って良かった・・羨ましいよ。
    その後に新年早々に産まれた新生児たちのシーンになるのもお約束だけど、幸せな気持ちになれるわよね。

    良い事ばかりじゃなかった。自分の力ではどうにもならない悲劇も起きた。
    でも、振り返り、前に進んで行こう・・ってメッセージの映画です。うん、皆で見に行くと良いよ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2011/12/19

    NYのタイムズスクエアって、ホントにあんなにど派手にやるんでしょうか???
    日本の場合は初詣で神社だからおばさんくさいとこもあるけど、NYだったらこういうこともありえそうだしかっこいいよね。

    でもってニューイヤーボールが故障したときのクレアのスピーチ、あれはなるほどと感心したね。
    新しい年を迎える前に1年振り返ってみてなんて感じ...........。!?!?
    結構心打たれた人も多かったのでは???

    新年迎えたら、恋人じゃなくても隣の知らない人とでも喜び合ってキスしちゃうなんてのも、アメリカならではって感じするね。

    でももうちょっと華やかな映画かと思ったけど、さまざまな事情を抱える8組の人々をそれぞれに描きすぎたのか、意外と地味でおとなしく仕上がってました。

    8組の中では、テスとポール事情が一番よかったかな!?

    違反報告