はやぶさ HAYABUSA|MOVIE WALKER PRESS
MENU

はやぶさ HAYABUSA

2011年10月1日公開,140分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『20世紀少年』シリーズの堤幸彦監督が、竹内結子、西田敏行ら豪華キャストを迎え、日本が世界に誇る小惑星探査機はやぶさの7年間にわたる軌跡を映画化。JAXA(宇宙航空研究開発機構)の全面協力のもと、最新鋭のVFXで再現された超リアルな宇宙映像が展開。どんな困難に遭おうとも決してあきらめない精神が見る者に勇気を与える。

予告編・関連動画

はやぶさ HAYABUSA

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

太陽系の起源の一因を探るべく、2003年に小惑星イトカワへ向けて打ち上げられた小惑星探査機はやぶさ。2010年6月13日、はやぶさはいくつもの危機を乗り越え、7年間、60億キロにもおよぶ旅から地球に帰還。それを支えていたのは、ユニークな経歴を持つメンバーで結成されたJAXAのプロジェクトチームだった。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
日本
配給
20世紀フォックス映画
上映時間
140分

[c]2011「はやぶさ/HAYABUSA」フィルムパートナーズ [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2012/2/29

    今日の1作目はHAYABUSAを打ち上げるまでが結構長く描かれてました。
    頭はいいんだけど小心者の宇宙オタクみたいな水沢が、ひょんなことからHAYABUSAにかかわることになり、ちょっとコメディタッチっぽく仕上がってました。
    電車男みたいなオタクたちもいたしね。

    HAYABUSAにあまり興味がない私にとっては、コメディタッチのこの1作目がよかったけど、HAYABUSAに興味がある人にとっては、まじめに仕上げてある2作目や帰還時の映像がきれいだった3作目の方がよかったかな???

    ただ今日の1作目は、難問を通過した時の歓声が、それぞれ物足りなかった。
    HAYABUSAのケーキはおいしそうでした。
    あと夢の中のカンガルーも面白かったです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    4.0
    2011/10/6

    何故はやぶさ号の帰還が大きなニュースになったのか、実はわかっていませんでした。
    でも糸川英夫博士のことを熱く語る場面、ペンシルロケットからの出発など大変噛み砕いた説明があり、日本の宇宙への挑戦の軌跡をたどることができたので、いつの間にか一生懸命「はやぶさ君」を応援していました。
    現実からは少々誇張されている部分があるかもしれませんが、はやぶさに懸けた人たちの熱い思い、それがしっかりと伝わってきました。

    誰と見ても大丈夫な映画って意外と少ないんですが、間違いなく誰を誘っても大丈夫。上映時間は長めですが、小さなお子さんでも一生懸命最後まで見てくれると思います。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ホルン

    5.0
    2011/10/2

    はやぶさのこと、大変な快挙だということは知っていましたが、あまり詳しく知りませんでしたので、とてもいい勉強になりました。
    関係者の方々の熱意が伝わってきました。
    帰還のシーンは泣けてきますね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ミチさん

    5.0
    2011/9/20

    いやあ、拾い物の一作。たいして期待はしていなかったが(勝負の分かっているゲームじゃね!)、CGと語りでぐいぐい引き込まれた。
    宇宙ではエンジンを切っても進むことや(確かに障害物がないから、永遠に進むわなあ!)、久しぶりに物理学というかSFの知識を更新したぞ!
    男の子は、こういう話好きなんだけど、主人公を女性(竹内結子)にすえたことで女子にも共感できる仕上がり。しかし実在の人物だとすると、JAXAの仕事にパイトに論文にと、とにかく寝る暇のない人だ。
    佐野史郎や鶴見辰吾が意外に(失礼!)、良い味を出している。本当に技術者って、こんな感じだよね。と思いながら、福島の発電所も本当は、こういう技術者たちが精魂込めて作ったんだよね、なんて、変な妄想も・・・。

    違反報告
  • rikoriko2255

    さっちょ

    5.0
    2011/9/15

    素晴らしい!リアルな宇宙の映像もストーリーもキャストも音楽も最高です。はやぶさの帰還までの道のりだけでなく、そこに携わる人々の苦悩・葛藤や困難に負けず協力して成し遂げる様子に、胸が熱くなり魂が震える程感銘しました。ユーモアセンスもあり、重苦しくなく爽やかに描いているのも魅力的でした。エンディングの曲も素敵で改めて思い返せて涙が流れまくりでした。財政難の政府から経費を捻出しにくい状況や、派遣ゆえの契約終了など、現実社会の問題の風刺も含まれているのも良かったです。はやぶさくんを声の演出も良く、難しいJAXAの内容をわかりやすく、また真実の実話を見事に示していました。ちなみに私もはやぶさに名前を送った88万人のうちの1人なので、小惑星イトカワに私の名前も届いていると一層感無量になりました。

    違反報告