ヘルプ 心がつなぐストーリー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ヘルプ 心がつなぐストーリー

2012年3月31日公開,146分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人メイドと白人女性の友情を描いた、キャスリン・ストケットのベストセラー小説を映画化。深刻で重厚なテーマを描きながらも軽快なコメディ・タッチが評価され、新旧演技派女優の競演も話題を呼んで全米3週連続ナンバーワンを記録。監督・脚本を手がけたのは新鋭テイト・テイラー。

予告編・関連動画

ヘルプ 心がつなぐストーリー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ミシシッピ州の上流階級に生まれ育った、作家志望の白人女性スキーター。あるとき白人社会における黒人の境遇に疑問を抱いた彼女は、身近な黒人メイドたちにインタビューを試みる。誰もが口をつぐむ中、親友の家のメイドだけが、勇気をもって真実を語り始めた。それはやがて、アメリカの歴史を変える大事件へと発展していく。

作品データ

原題
The Help
映倫区分
G
製作年
2011年
製作国
アメリカ
配給
ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
上映時間
146分

[c]2011 DreamWorks II Distribution Co., LLC. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    みるみる

    4.0
    2020/5/9

    なんとなく見たのですがとても印象に残る作品でした。時代背景もあるでしょうが私達日本人には理解しがたいような黒人差別のあからさまなお話。

    違反報告
  • rikoriko2255

    keicyacom

    5.0
    2012/5/4

    黒人指導者や大統領まで暗殺されたこの時代、自由の身になっても、黒人の地位はきわめて低かった。学歴もなく、よい仕事もないため、メイドの地位に甘んじていた黒人女性達。白人女性もまた、よい家に嫁ぐことだけが望みで、メイドに家事をさせ、毎日を無益に過ごしていた。
    自立する女性を目指していた白人女性と、困難を乗り越えようとする、メイドの女性達、本は出版され、彼女達の叫びは、公にされる。
    人種差別の恐怖を描きつつも、温かみのある、映画。ちなみに、北部の都市部では、これほどひどくなかったことも描かれています。

    違反報告
  • rikoriko2255

    YO99

    5.0
    2012/4/10

    アメリカの、特に南部側の、歴史・文化・生活・習慣・風俗・飲食・ファッション・子育て・教育etc、そして人種差別&貧富(階級)差別の記憶が凝縮されたような、ノスタルジックで新鮮な作品です。
    1960年代に焦点を絞り、セットやビジュアルだけでなく、キング牧師コメントやケネディ暗殺等のニュース映像を巧みに挿入して生々しい歴史感を味あわせてくれます。もちろん、卓越した才能を持つ女優陣によって成し遂げられた“快挙”といえる映画です。
    リアルでありながら喜怒哀楽を存分に楽しませてくれる、しかも“ある時代”を学ばせてくれる、貴重且つ極上のエンターテイメントです。
    子育てに悪戦苦闘しているご夫婦も、子育て予備軍のカップルも、ぜひ、ご家族みんなでご覧ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    パライバ

    4.0
    2012/4/4

    憎まれ役が徹底的に憎まれ役を通してくれるから、容赦なくやっつけることが出来る。ヒリーたち憎まれ役を演じた役者さんたちに拍手。
    とは言うものの、まだまだ白人側からの言い訳を加味している気はするけれど、人種差別をせずにいたいのに出来ない人たち(スキーターの母親のような)の贖罪と思えば可か。
    白人社会から爪弾きされているシーリアとその夫が一番偏見から遠い自然体でいてくれたことにほっとする。
    「その後」が気になる。後日談を描いてほしい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    4.0
    2012/4/3

    アメリカの南北で大分異なる価値観。奴隷制度が色濃かったミシシッピ州。
    今だって皆が同一ラインではないけれどスキーターはアイビーリーグと思われる大学から故郷に戻り、住人の頑な、退廃的な考え方に霹靂する。プラス自分のキャリアにつなげるべく、ideaを考え出す。
    キャリアへというのはselfishすぎるか。メイドたちの本音を公にするというのは自分も彼女も危険をさらしかねない。この状況をなんとかせねば、changeをする、ある意味革命を起こすことを前提に勇気を出したメイドたち。子供ころは母親よりメイドになついていただろうに、いつから傲慢になるのだろう。その変化が悲しい。
    スキーパーは別として白人世界、皆一緒のような中、ちょっと抜けている感あるシーリアがとてもチャーミング。彼女のエラいところは人種とかいう差別の概念がない。きっと思いもつかない。仕事としてミニーをrespectしているし、その心はとても純真。J.チャステインはオスカーノミニーされるのも頷ける。
    最近、B.ハワードはbitchな女を演じるのが目につきますが、こういう役って結構難しいと思う。ある意味、ヒリーの役があったからこそ、この話の幅が広がった。
    今は富裕層はメイドを雇うとか、南米ではメイドを雇った方が安上がりというお国事情が伺えるが、せめて子育ては母親がしないと、だめでしょう。

    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    5.0
    2012/3/31

    いつの時代も蔓延る人種差別。
    60年代のミシシッピは特に激しかった。
    作品ではユーモアも交えられていましたが
    現実はもっと目を背けたくなるようなものだったと思われます。
    白人のスキーターと黒人のメイドたちの
    事実を伝えとようとする勇気に敬意を表します。
    この勇気を支えるものは愛なんですね。
    家族愛に友情愛、仲間同士の愛。
    愛があればこそやり遂げられたんだと思います。
    ミニー役のオクタヴィア・スペンサーのアカデミー賞
    助演女優賞受賞の演技もすばらしかったですが
    エイビリーン役のヴィオラ・デイヴィスの演技にも
    感動しました。
    主演女優賞を逃したのが残念です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2012/3/16

    自分を母以上の愛情で育ててくれたメイドを差別するんだから・・

    そして、強く差別を進める人たちに逆らえない。臆病な人たち。

    二十歳そこそこでお嫁に行き、それで一人前だと思っている世間知らずのお嬢様たちにも腹が立つ。
    ヒリーを振って、シーリアを選んだ旦那は偉いね!
    スキーターの出した本の内容を知って去って行った保守的男とは大違いだわ。

    兎に角、私たちは現代人として、「アンクルトム」や『ヘアスプレー』『リリィ、はちみつ色の秘密』なんかで、差別が如何に愚かかを知っている。
    でも、あの時代、その問題に触れることは、とても危険な事だったの。
    黒人にはどんな酷いことをしても良いと思われていたからね。

    凄く醜い歴史だけど、江戸時代に始まった日本の身分制度もそうよね。
    トイレも、玄関も、食事の場も別けられた差別の歴史が日本にもある。士農工商の下の位にされた人たちとの。
    日本は、その人たちへの侘びとして、色々な優遇をしているみたい。自動車教習所の費用が一部免除・・とか。
    公じゃなく、ひっそりと・・なのかな。詫びても侘び切れない歴史よ。

    確かに、黒人たちにそこまで悪意を持って接していない人たちも居た。
    でも権力の前では、黒人をかばえなかった。自分のメイドなのに。信頼しているのに。
    なんて哀しいんだろう・・

    言いたい事がいえるスキーターは強くて格好いい。
    でも彼女の強さを作ったのはやっぱり育ての母である黒人メイドなのよね。
    彼女は格好良いけど、私は誰より、シーリアが好き。
    彼女は考え無しのセクシーボディの女性だから、お上品な若奥様たちから疎まれている。
    でも彼女は、そんな周囲を恨まない。
    そして、あんな世間の中で、自分だけの価値観で生きている。
    自分が招いて手料理を食べさせるのは誰か、解ってる。
    そして旦那もね。
    健気で、儚げで、でも凄く凄く魅力的な人だわ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    5.0
    2012/3/12

    この時代の人種差別は、ホントかわいそうなものがある。
    白人もそんなに黒人を嫌うなら雇うな~ぁ。
    黒人の差別もイヤだけど、白人同士のお付き合いも、会社の出世争いの奥様方の派閥を見ているようで..............。

    そんな人種差別を、昔黒人のメイドにお世話になったスキーターが暴露する本を書き始めた。
    これも大変なことだけど、その取材を受ける側の黒人はもっと大変。
    でもたまったものが爆発するとき、それは勇気となって大きな力となるわけで................。

    ついに本の出版をされたときやった~ぁって!!
    黒人メイドの心の悲鳴を聞き、それをまとめ本を出版するスキーターとエイビリーン、ミニーとの交流に心洗われるものがありました。

    それにしても一人のメイドが白人に言った「クソ喰らえ~~~ぇ。」に隠された言葉の意味は最高!!
    スキーターのお母さんの反逆もね(^^)v
    笑いと涙とまた笑いがありました。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告