あなたへ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

あなたへ

2012年8月25日公開,111分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『鉄道員』の名コンビ、降旗康男監督&高倉健主演で贈るロードムービー。亡き妻の思い出をたどる主人公の旅路に沿って、富山県から長崎県に至る長距離ロケを実施。美しい映像はもちろん、田中裕子、佐藤浩市、浅野忠信、ビートたけしなど日本映画界を代表する豪華キャストの顔ぶれも見どころだ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

北陸の刑務所に勤める50歳の指導技官・倉島英二は、慰問に来た歌手の洋子と初めての結婚をする。だが幸せは長く続かず、妻は53歳の若さで死んだ。ある日、生前の洋子が書いた絵手紙が英二のもとに届けられる。そこには、故郷の海に散骨して欲しいと記されていた。英二は妻の故郷・九州を目指して旅に出る。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2012年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
111分

[c]「あなたへ」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ミチさん

    4.0
    2012/12/25

    痛々しい。口元がおぼつかないのと、足元もヨタヨタしていて・・・。
    ただ、デジカメや携帯を使いこなしているのは、今どきのシニアとしては、スゲエ・・・。
    豪華俳優陣が脇を固めているが、特に、佐藤浩市がなぜ、こんな軽い役に起用されたのか、最初は分からなかったが・・・。健さんの軽いトリックが最後しみじみとさせてくれる。
    劇中で田中裕子が歌っていた、ほんわかな曲は、宮沢賢治の作詞、作曲なんですね。これもスゲエ!
    ということでけなしているのかほめているのか、どっちかにしろよ、と言われそうですが、私は、映画としては、良い出来だと思います。ただ、健さんのファンとしては、ちょっと複雑ですね。あと、この作品は、大滝秀治の遺作になったようです。ご冥福をお祈りします。

    違反報告
  • rikoriko2255

    HIDE

    5.0
    2012/9/27

    初日の一本目に観ました。周りは、ずっと6年間待っていたであろう70前後の世代の人たちが多かったですね。それもご夫婦で。夫婦で久しぶりの映画館。そんなドラマがあふれていました。
    81歳の高倉健がどう演じるのか興味を持って観ました。駅STATIONのような完成度の高さは期待できないのですが、それにしても感動します。健さんが現役であることに勇気をもらいます。おすすめします。

    違反報告
  • rikoriko2255

    tom

    3.0
    2012/9/17

    高倉健ってやっぱりすごいですね。
    81歳には到底思えません。
    作品は静かに流れるように進んでいきます。
    妻の故郷に向かう途中で出会う人々。
    人それぞれ人生を生きている。
    色んな問題を抱えながら人は生きている。
    倉島も妻もそれぞれ人生があったから
    妻の「さようなら」の言葉の中には
    自分の人生を歩んでほしいとの思いがあったんでしょう。
    心にじわっとくる作品でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ホルン

    2.0
    2012/9/6

    平日金曜のナイトショーで観てきました。
    翌日が土曜日でしかも映画の日ということもあって、お客さんは少し。
    健さんを楽しみにしていたのですが、この役の設定である60歳から65歳まで(嘱託勤務であること)か
    らすると表情・動作ともに80歳を超える健さんではちょっと無理があるように思えました。
    物語の設定にもやや疑問におもったこともあり、あまり楽しめませんでした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    barney

    4.0
    2012/8/16

    なんか健さん久々!!
    立ってるだけでも存在感ありますよね~ぇ。
    そういう意味では結構今回はセリフがあった???

    もの静かな映画と思ってたけど、旅先で出会った人たちに結構笑わされました。
    それに対して健さんの反応にも(^_^.)
    そして出会いの縁がうまい具合につながりがあって、最後はそういうことだったのねって!!

    綺麗な終わり方でした。

    違反報告