ブリューゲルの動く絵|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ブリューゲルの動く絵

2011年12月17日公開,96分
PG12
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

16世紀フランドル絵画の巨匠ブリューゲルの傑作「十字架を担うキリスト」をポーランドの鬼才レフ・マイェフスキ監督が再現。絵の中の人々の日常生活をなぞりながら、やがて名画に秘められた意味もが解き明かされてゆく。出演は「ザ・ライト エクソシストの真実」のルトガー・ハウアー、「わたしを離さないで」のシャーロット・ランプリング。

予告編・関連動画

ブリューゲルの動く絵

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

16世紀のフランドルの夜が明け、農村の一日が始まる。若夫婦は仔牛を売りに出かけ、岩山の風車守りの家族は風車を回し小麦を挽く。だが、のどかな村の様子とはうらはらに、支配者は異端者を無惨に迫害していた。アートコレクターのニクラース・ヨンゲリンク(マイケル・ヨーク)は画家ピーテル・ブリューゲル(ルトガー・ハウアー)に、このあり様を表現できるかと問いかける。それに応えブリューゲルが風車の回転をとめると、すべての光景がぴたりと動きをとめた。するとフランドルの風景の中にキリストや聖母マリア(シャーロット・ランプリング)らが過去から舞い戻り、聖書の「十字架を担うキリスト」の物語が始まるのだった……。

作品データ

原題
The Mill and the Cross
映倫区分
PG12
製作年
2011年
製作国
ポーランド=スウェーデン
配給
ユーロスペース=ブロードメディア・スタジオ
上映時間
96分

[c]EUROSPACE + Broadmedia Studios Corporation ALL Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?