きっと ここが帰る場所|MOVIE WALKER PRESS
MENU

きっと ここが帰る場所

2012年6月30日公開,118分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2008年のカンヌ国際映画祭で審査員長を務めたショーン・ペンが、同年に審査員賞を受賞した『イル・ディーヴォ』のパオロ・ソレンティーノ監督と作り上げた人間ドラマ。現役を退き、平穏な生活を送っていたロックスターの身に起きる出来事が、緊密に設計した美しい映像とともに描かれる。2011年のカンヌ国際映画祭エキュメニカル審査員賞受賞作。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

シャイアンは、かつて絶大な人気を誇ったロック界のスーパーだが、いまはアイルランドの邸宅で消防士として働く妻と、ほとんど表に出ない生活を送っている。だがある日、故郷アメリカから、“父危篤”の報が。飛行機嫌いのシャイアンは船でニューヨークへ向かうが、時すでに遅し、父は亡くなっており、さらなる運命が待ち受けていた。

作品データ

原題
This Must Be the Place
製作年
2011年
製作国
イタリア=フランス=アイルランド
配給
スターサンズ=セテラ・インターナショナル(提供 スターサンズ=セテラ・インターナショナル=ミッドシップ)
上映時間
118分

[c]2011 Indigo Film, Lucky Red, Medusa Film, ARP, France 2 Cinema, Element Pictures. All Rights reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    tom

    4.0
    2013/9/23

    いよいよショーン・ペンは正真正銘の名優となりました。
    心に空虚感、空しさを抱いた元ロックスターのシャイアンを
    静かに抑えた演技なのに印象深く演じてくれました。
    作品はロードムービーですが、
    よくある「自分探しの旅」ではありません。(劇中でも「自分探しの旅ではない」って言ってましたね)
    疎遠となっていた父の死によって
    自然と動き出すかのように、
    父の遺志を継ぐように旅に出ました。
    デヴィッド・バーンが本人役で出演し
    彼歌「This Must Be the Place」が心に響いちゃいます。
    旅を終えた大人になったシャイアンの笑顔が魅力的です。

    違反報告
  • rikoriko2255

    4.0
    2012/7/20

    けだるいんだ・・
    嘗てのロックスターは決して幸せじゃ無いみたい。
    でも不幸と言うほどじゃない。

    気の合う奥さんが居て、裕福で、立派な家があって、適度に周囲から興味を持たれている。
    好奇心もおせっかいも有る。
    でも退屈なんだ・・そこが幸福じゃないところだね。

    彼の、物事への受け答え方が好き。客観的に捕らえ、答えを真剣に導き出している。
    ちょっと格好良いなぁ。

    そして、父に嫌われたと思った15歳から、変われずに居る所が愛おしいと思えるわ。
    そして父の旅を終えた時、それまで吸いたいと思わなかったタバコを吸うの。
    子供だから吸いたいと思わないんだ・・と言われたタバコをね。

    そう言う持って来方とか、関わっては去っていくだけの人々が、意味もなく印象的で、上手いなぁ・・

    不思議なんだけど、好きだなぁ・・


    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告