はじまりの記憶 杉本博司|MOVIE WALKER PRESS
MENU

はじまりの記憶 杉本博司

2012年3月31日公開,81分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2010年に有料BSテレビのWOWOWで『はじまりの記憶 現代美術作家・杉本博司』として放送後、国際エミー賞のアート番組部門にノミネートされたドキュメンタリーに、新撮映像を加えて劇場公開。ナレーションを「キャタピラー」の寺島しのぶが担当し、建築家・安藤忠雄、現代美術家・李禹煥、狂言師・野村萬斎なども出演。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

現代美術家、杉本博司。2009年高松宮記念世界文化賞など国内外で数々の賞を受賞し、海外のオークションでは数千万円で落札されることもある、現代美術界を牽引する存在だ。1948年に東京で生まれた彼の芸術家としての出発点は写真家だった。写真は“今、目の前にある現実を切り取るもの”だと思われているが、杉本は写真をコンセプチャルアートの手段として捉え、その可能性を無限に広げた。74年にニューヨークに移住した後、一時は古美術商を営んでいた経験から日本美術への造詣も深く、近年は伝統芸能の企画演出に加え、能舞台の設計など活動の幅を広げている。日本、ニューヨーク、南フランス、シドニーと国境を超えた創作の現場に密着し、作家としての素顔と、その視線の先を見つめる。

作品データ

製作年
2011年
製作国
日本
配給
Playtime
上映時間
81分

[c]はじまりの記憶 テレビマンユニオン/WOWOW [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?