もっと熱いぞ!猫ヶ谷!! 第5&6話|MOVIE WALKER PRESS
MENU

もっと熱いぞ!猫ヶ谷!! 第5&6話

2012年1月28日公開,60分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

名古屋テレビ放送にて、ミスマガジンが週代わりにヒロインを務める深夜ドラマが、全10話のドラマを2話ずつ3D上映で劇場公開される。地球環境を考えるきっかけにもなる、1話完結の青春コメディドラマ。日本で一番暑い町、猫ヶ谷市では、他の自治体に先駆けて大胆なエコ構想を実践。究極のクールビズとして、「男性はアロハシャツ、女性は水着着用」という条例が制定される。猫ヶ谷女子学園に毎回やってくる美少女転校生たち。エコを推進する自治生徒会のメンバーは、水着になれない彼女たちの服を脱がせ、仲間にすることができるのか。全国のコロナシネマワールドで2012年1/14(土)より順次公開した。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

第5話「ご注文は?一人ファミレス娘」:いつもの猫女の朝。どう見てもファミリーレストランの店員さんにしか見えない転校生・奥野葵(能條愛未(麻生梨里子))があらわれる。一体なぜファミレス店員の制服を着ているのか…?そんな疑問を抱えたまま、水着になることを説得するNEKO委員会メンバーだが、葵は耳に付けている謎のインカムに指示を仰ぎ、そのようなサービスはございませんと拒否。やがて葵は生徒たちの注文をうけたまわりすぎ、クラスの雑用係同然に…。そんな中、担任の多治見先生の持っていた意外なモノが解決の糸口に!?これまでで最も謎めいた不思議転校生、果たしてファミレスの制服を脱ぎすて、水着になってくれるのか?第6話「冷たい美人女教師」:産休を取った先生の代わりとして猫女に赴任してきた美術教師・山中亜美先生(山口沙紀)。バリッとした、いかにもできる風スーツを身にまとう亜美先生は、かなりの上から目線。水着姿を見下した発言の数々に、生徒たちとの関係は一触即発!そんななか、保健のゆう先生を描いた多治見先生の絵画作品が破けて台無しに。これをきっかけに、悪女三人衆・NEKO委員会・そして亜美先生の、三つどもえアートバトルが幕を開ける!エロい保健のゆう先生を、一番芸術的に描いたのは果たして誰?そして超カタブツ女教師・亜美先生は、猫ヶ谷条例にならって水着になるのか!?

作品データ

製作年
2011年
製作国
日本
上映時間
60分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?