聖処女|MOVIE WALKER PRESS
MENU

聖処女

1949年5月公開,158分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ニューヨークで自殺した亡命チェコスロヴァキア詩人フランツ・ウェルフェルの小説の映画化で、1943年作品、脚本は「三十四丁目の奇跡(1947)」のジョージ・シートンが書き、監督には「追憶(1941)」「シカゴ」のヘンリー・キングが当たり、撮影は「アンナとシャム王」のアーサー・ミラーが担任した。主演は「ラブ・レター(1945)」のジェニファー・ジョーンズが抜擢された。その他、新人ウィリアム・アイス、「ミネソタの娘」のチャールズ・ビックフォード「ローラ殺人事件」のヴィンセント・プライス「影なき殺人」のリー・J・コッブ、「ラブ・レター(1945)」のグラディス・クーパー、「追憶(1941)」のアン・リヴェア、「我等の生涯の最良の年」のローマン・ボーネン、「ブルックリン横町」のメアリー・アンダースン等が共演した。音楽はアルフレッド・ニューマン作曲である。なおジェニファー・ジョーンズが女優演技、アーサー・ミラーが撮影、アルフレッド・ニューマンが作曲で、それぞれ1943年度アカデミー賞を与えられた。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ナポレオン3世が第2帝政を布いていた頃のフランス。スペインの国境に近いピレネー山中の寒村ルルドに、スビルーという貧しい夫婦がいた。貧乏者の子沢山のことわざ通り妻のルイズは5人の子供を産んで生計はいよいよ苦しかった。ベルナデットはその長女であった。装い飾るわけではないのに天成の麗わしさに界わいきっての美人の評判がたかかったが、惜しいかな健康に恵まれなかった。身体が弱いためか信仰心があつく、いつか彼女は聖霊を幻想するようになった。正直なベルナデットはそれを伯母に打ち明けると、伝え聞いた意地悪のジャンヌは散々嘲笑するのであった。そんな事でベルナデットの信仰が搖ぐものではなく、彼女は暇さえあればお祈りをしていた。ある日彼女は村はずれの洞窟で白衣の聖女の姿を見た。そして洞窟に湧いている泉の水は、信仰篤い者の病を治すであろうというお告げを聞いた。ベルナデットはその帰り道で、異常な興奮のため路傍に倒れた。かねてベルナデットの美しさに心ひかれていた若者アントアン・ニコローが彼女を助けた。洞窟の霊泉が死にかけていた1人の赤児を救ったといううわさが飛ぶと、近郷近在の善男善女が伝え聞いて、ルルドの村に集まって来た。しかしこの奇跡を識者は信じなかった。尼僧ヴォーズウさえ信じない。ルルドの警察署長ヂャコメエは、愚民を惑わすとスビルーを叱ってみたもののどうにもならず、かえってうわさが拡がる一方だった。検察官ヴィタル・デュトゥールは遂に裁判を開き、ベルナデットを罰しようとしたが、彼女の清浄な魂の力はそれを果たさせなかった。やむなく裁判は洞窟に柵を張り、中の人の出入りすることを厳禁した。ところがナポレオン3世の息子が奇病にかかり、医薬が効かなく、命の危険が迫っていた折に、この話が伝わった。皇帝は霊泉を取りよせる。ふしぎや息子は助かった。そこで、棚は取りはずされ、善男善女の参詣が許されることとなり、ベルナデッテは妖女でないこと証拠立てられたわけである。ある日スビルーの家をペラマール神父が訪れた。彼女はベルナデットを祝福し、そなはキリストの花嫁たるべき身であること、そのため修道院に入らねばならぬことを告げた。両親は愛する娘と別れることを悲しんだが、ベルナデットはほほ笑んだ。彼女が神父と共に修道院へ向かうときアントアンが別れに来て、私も一生ほかの女と結婚しないと誓うのであった。

作品データ

原題
The Song of Bernadette
製作年
1943年
製作国
アメリカ
上映時間
158分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?